« 的(A TARGETの紹介) | トップページ | APSとAP(HR) »

APの標的

t0 写真はAP用の(4号)標的です。7点(59.5mm)以上が黒になります。10点圏は11.5mmです。ARの0.5mmに比べると遙かに大きいのですが当てることは同じく難しいです。10点の内側にある円はX圏を表します。通常は関係ありませんが、同点の時などに勘案することもあるようです。

t1 例えば、次の写真はとある試合で使用したものです。結果として10(X)点と9点に当たっています。採点者が標的上方に赤鉛筆で「X」と「9」と書き込んでいます。また、下方には「96」とあり、このシリーズ点数は96点であったことが分かります。点数の下には採点者のサインが入っていますが、念のためモザイクが入れてあります。

練習の時などに試合形式で射撃を行う場合には、1的に1発もしくは2発を撃ち込みます。何発も撃ち込んだ場合はいいのですが、1発や2発で捨ててしまうのは何とも「もったいない」話です。

t2 そこでカナリアは写真のように黒シールを貼って、再利用しています。シールは文房具店で安価に売っております。お金が余っている人は必要ないかもしれませんが資源保護の観点からもお勧め致します。

|

« 的(A TARGETの紹介) | トップページ | APSとAP(HR) »

射撃」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/3769427

この記事へのトラックバック一覧です: APの標的:

« 的(A TARGETの紹介) | トップページ | APSとAP(HR) »