« 基準点 | トップページ | 浜町 »

初めての朝霞射撃場

ピストル撃ちのメッカとも呼ばれる朝霞射撃場にて初めて大会に参加致しました。ゲートから射場まではそこそこの距離があり、車でないと大変そうでした。

ゲートではアルバイトの学生さん(?)がおり寒そうでした。ご苦労様です。ゲートから入ってすぐの場所に受付所があり、そこで入構時刻を記入して、車のダッシュボードにおくナンバー票をもらいます。射撃終了後、またこちらで出構時刻を記入して、ナンバー票を返却します。

射場はいろいろ囁かれているように見事に歴史を感じさせるものでした。有名(?)な煙缶(空き缶を灰皿にしたもの)もあり感動です。何でもこの煙管も大切な備品らしく数が減っていたりした場合には皆で探すのだそうです。大変です。

東京オリンピックの際には掲示板にもなったという台がありますが、老朽化が進んでいて大変危険なためロープで囲まれており、台の上には荷物を置くことも禁止されています。

試合は私にとって初のHR60でした。射場では前の机がとても高く、構える際にとても邪魔でした。的交換機は手動のため、撃つたびにキコキコやらなければなりませんが、さほど苦にはなりませんでした。ただ、この交換機も歴史を感じさせるもので、中にはワイヤーからはずれて的が落っこちてしまう方もおり大変でした。なお、この大会では1的に2発撃ち込みました。

当日はとても寒く(天気予報は雪でしたが、何とか降らずにすみました)、ロボットのような姿での射撃となりました。2発撃つたびにポケットのホカロンで指を温めなければ、とてもまともに撃てませんでした。

若干くずれたところもありましたが何とかそこそこの点を撃つことができました。まだ、1級の証書がなかったため受験はしておりませんでしたが、点数的には3段に合格できるものでした。

参加者はとても少ないのですがともかく優勝できました。スポーツで賞状をもらったのは生まれて初めてのことで、カナリアちょっと感激しました。

|

« 基準点 | トップページ | 浜町 »

大会参加2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/3662506

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての朝霞射撃場:

« 基準点 | トップページ | 浜町 »