« 参考書 | トップページ | APS-1 »

エアソフトガン

実はカナリア銃好きです。当たり前と思われるかもしれませんが、必ずしも「射撃好き」=「銃好き」とは限らないようです。カナリアはどちらも大好きで、たくさんのエアソフトガン、つまり玩具銃を持っております。

最近までは、ただ撃って遊んでいれば十分満足だったのですが、ある時一人の友人がAPSカップに参加しないかと誘ってきました。その存在は知ってはいたのですが、どうも敷居が高い感じがしておりました。

ところがカナリア、APSカップ用のエアソフトガンとも言えるAPS-1(97モデル)を実は持っておりました。購入後、少しだけ撃ったのですが、その意味がわからず押入の奥にしまわれていたのです。

興味は元々あったので、せっかくだからと二人で始めました。最初は部屋でポスポスと撃っておりました。10点はとても小さく、なかなか当たりませんでしたが、HPを巡っては勉強し、練習を重ねるうちに、だんだん当たるようになってきました。

ちなみにAPSカップとは5mの精密射撃(5発×2回で100点)と、3秒でプレートを倒すことを15回繰り返す速射(4点×15回=60点)と、6,7,8,9,10mに置かれたプレートを立射と伏射で倒す内容(2,3,4,5,6点×2回=40点)の合計を競うものです。詳しくは多くの他のHPを参照頂きたいのですが、なかなかバラエティに富んでおり、これで高得点を得るのは大変難しいものです。

カナリアと友人はAPSの練習を始めて2ヶ月後、APSカップに参加し、二人そろってひとますシャープシューターという称号を得ることができました。ただ、どうしてもエアソフトガンのため、精度に限界があることと、カナリアは比較的精密射撃が性に合っているようでしたので、エアピストルをやってみたくなりました。APSカップの翌月には、猟銃等講習会に二人で参加し、ともにHR所持への道を歩み始めたわけです。

|

« 参考書 | トップページ | APS-1 »

APS CUP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/3674420

この記事へのトラックバック一覧です: エアソフトガン:

« 参考書 | トップページ | APS-1 »