« エアガンのエネルギーの考察 | トップページ | 銃のカスタムについて »

射撃とF1

カナリア、モータースポーツ好きです。今年も始まったF1やMotoGPを楽しみにしております。今年のフェラーリはいったいどうしたんだといった話はひとまず置いといて、今日は射撃との違いを書いてみたいと思います。

F1やMotoGPの世界では、マシンが遅ければ、まず勝てません。M.シューマッハといえどもミナルディのマシンでは下位を走らなければならないと思います。モータースポーツの世界では、選手以外のファクター、すなわちチーム、メカニック、マシン、タイヤ、スポンサーなど様々な条件が整わなければ、勝つことがとても難しいと考えられます。

それに比べて射撃の世界は比較的単純かと思います。オリンピックで金メダルを獲得した選手が使用しているAPを購入することは簡単です。(メダリストの銃は特別なチューンがなされているかもしれませんが、大した差はないと思います。ひょっとすると大きく違うかもしれませんが・・・)

どんな銃でも、その性能自体は満点をとる能力が本質的にありますので、後は選手の腕次第ということになります。これがモータースポーツとは大きく違うことではないでしょうか。

そしてこれはとても素晴らしいことだとカナリア思っております。もし、どんなに努力をしても、メーカー特製の高価な銃でなければ、好成績を収められないのであれば、射撃は普通の人にとってあまり楽しいものではありません。しかし、原理的には努力次第でオリンピックだって目指せるのですから、とても夢のある世界ではないでしょうか。

一生懸命練習して、銃の性能を遺憾なく発揮したいものです。

|

« エアガンのエネルギーの考察 | トップページ | 銃のカスタムについて »

射撃」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/4051986

この記事へのトラックバック一覧です: 射撃とF1:

« エアガンのエネルギーの考察 | トップページ | 銃のカスタムについて »