« 射撃とF1 | トップページ | 精密射撃は理系向き? »

銃のカスタムについて

精密射撃となるとエアソフトガンでは基本的にカスタムの話になることが多いようです。すなわち箱だし状態では当たらない・・・。

これがARやAPでは、法律的にやたらといじくることができませんし、そもそも箱だしで十分当たります。当たらないのは腕のせい。ARはよくわかりませんが、APではせいぜい、グリップの調整があるくらいでしょうか。人によってはサイトを交換する場合もあるようですが。

APのグリップは銃によって微調整が可能なものもありますが、握り具合が気に入らない場合には、削ったりパテを盛ったりするようです。カナリアは角度の調整はしていますが、グリップ自体は全くいじっていません。(HRのストックが腕に当たる違和感は何とも言い難いものがありますが・・・。できれば削りたいです。)

また、APのフロントサイトは普通、付け替えが簡単にできますので、幅などが気に入らない場合には、いろいろと調整ができます。人によっては集光アクリルを使用している場合もあるようです。三野氏の本では勧めていませんが、かなりの上段者でも使用されている方がおりますので、一概には言えないかもしれません。

まあ、少なくともARやAPでは、銃をいじくる前に練習した方がよろしいかと思います。かなりのハイレベルになった時で十分かと。

なお、カナリアはエアソフトガンのカスタムも基本的にしておりません。APS-1についても、基本的に箱だし状態です。プレート対策でフロントサイトに集光アクリルの細工をしたりする場合もありますが(速射のためですが本来は邪道でしょう)、基本的に箱だしで十分かと思っています。ただし、エアソフトガンで限界を極めようとしてのカスタムは、確かに存在すると思います。

このブログで銃のカスタムについて、いろいろと記述することは多分ありません。もし、そういった情報を希望されている場合には残念ですがご期待に添えないと思います。すみません。

ともかく自分自身の腕(射撃技術そのもの)を上げて成績向上を目指すことを基本にしていきたいと考えています。

|

« 射撃とF1 | トップページ | 精密射撃は理系向き? »

射撃」カテゴリの記事

コメント

エアーソフトガン私も興味ありました。APSカップ用の銃欲しいなって思った事もありますが、値段が値段なだけに手が出せませんでした。
APのカスタムと言うとほとんどがグリップの加工でしょうね。皆さん自分の手になじませるのに苦労しているようです。これは好みもありますからいちがいには言えませんが私はグリップはほぼ無加工で使っています。現在はRink社のカスタムグリップを使い手の関節の当る一部を少し削っているくらいです。
銃本体はサイトも付いていた物を使っており、フロントサイトは幅が確か4.5mmと記憶しています。
あと重要なのは弾速ですね。これも人それぞれで速い人もいればやたら遅い人までさまざまです。
基本的には帰る必要はないと思いますがわたしは多少遅めに調整しいます。使う弾によっても違うような気がしますが速すぎるとグルーピングが散れてしまう感じがしますね。この辺りはまだまだ研究の余地がありそうです。

投稿: ホシ | 2005年5月11日 (水曜日) 12時56分

APS-CUPは内容が多彩なため、なかなか難しくも面白い競技だと思っています。ただ確かに本気でやりだすと、実銃並にお金がかかるようです。少なくとも弾についてはエアソフトガンの方が高いですね(SGM弾の場合)。
また、LP1は弾速の調整が可能なんですね。エアライフルの弾速は173m/s程度が最適であるとする話もありますが、APの場合には、おおよそ150m/sくらいに設定されているようですね。ともかく、いろいろと興味深いお話です。また何か分かりましたらお教えください。

投稿: カナリア | 2005年5月11日 (水曜日) 20時47分

カナリアさん、初めまして。殿下と申します。

私もこの4月からHRを始めました。練習も浜町へ行っています(と言っても週一くらいですが)。ヒゲ面で細いのがHRを撃っていたらたぶん私です。下手くそですが苛めないで下さい。(^^ゞ

銃のカスタム、まだ初めて1ヶ月なので考えた事無いです。実はクレーもやっているのですが、こちらは銃床を作りました。中古を買ったので前所持者のものが合わなかっただけなんですけどね。

浜町でお会いしたら宜しくお願い致します。m(__)m

投稿: 殿下 | 2005年5月11日 (水曜日) 23時46分

殿下さん、はじめまして。
HRの輪が広がる予感。嬉しい限りです。しかも浜町ですか。カナリアも土・日の午前中に出没することが多いですので、お会いしましたらよろしくお願いします。よろしければ、一緒にAPの世界に行きましょう!
また、クレーもなさっているとは羨ましい。カナリアも近くに射場があれば、いつかやってみたいです。
これからもよろしくお願いします。

投稿: カナリア | 2005年5月12日 (木曜日) 19時15分

先日、隣県の二本松射撃場に練習に行ってまいりました。
 10年ほど前に国体が開催されただけあって設備もなかなか充実しています。
 そこの射場には銃を固定できるベンチ(と言うか重い台に万力が付いている)があり、自分のAPを固定して弾速の調整をしてみました。
 速くしてみたり、遅くしてみたりと繰り返しテストしてベストな弾速を見つけたのですが、速すぎ遅すぎは弾が散らばってしまい良いグルーピングは得られませんでした。
 調整後は5発打ち込みを数回行いグルーピングは約1mmって所でしたね。実際の弾速がどのくらいなのかは測定器がないので分からないんですけど…
 使っている弾は4.48mmなのですが、練習用にと4.49mmもありグルーピングテストでは差はなくどちらも良好な集弾を示しました。
 ですが実際に撃ってみると4.48に比べ4.49は明らかに反動があります。実射で何点差が出るかは微妙ですが自分的には撃ち易さで4.48に軍配ありですね。

投稿: ホシ | 2005年5月16日 (月曜日) 12時51分

福島まで行かれたのですか。また、二本松射撃場には、面白い器材があるのですね。
さて、貴重な情報ありがとうございます。最適速度が分からないのは残念ですが、機会があれば測定ください。
弾のサイズには4.50, 4.49, 4.48mmなどといろいろあって迷う訳ですが、ホシさんは4.48mmをご使用なのですね。カナリアは4.49mmを使用しております。サイズについては、銃の個体差も含めて、微妙なところで効く可能性があるとの指摘がありますが、反動に差があるとは初めてお聞きしました。
着弾に差がなく、反動のみに差があるようであれば、4.48mmもなかなか宜しいのかなと思いました。機会があれば試してみたいと思います。

投稿: カナリア | 2005年5月16日 (月曜日) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/4051798

この記事へのトラックバック一覧です: 銃のカスタムについて:

« 射撃とF1 | トップページ | 精密射撃は理系向き? »