« なぜブログを書くのか | トップページ | 検定シールと検定弾 »

狙点-照準についての考察

ARと違ってAP(HR)では、サイティングを各人いろいろな方法で行っているのが現実です。そこで、精密射撃の時の狙点について、カナリアが理解している範囲で少し整理してみます。

精密射撃(遅撃)では六時照準が全ての原点になります。

では、どのくらいに照準すべきなのでしょうか?。

三野氏の本SUCCESSFUL PISTOL SHOOTINGでは黒点から少し下を撃つよう勧めています。三野氏の本では黒点下から的端までの1/3くらいがよいとしています。

カナリアが最近まで行っていた黒点直下にフロントサイトを置く方法については、三野氏の本では室内射撃では良いが、光線が変化する野外では勧められないとあり、さらに直下の場合、フロントにフォーカスを合わせるのが難しくなると指摘しています。

SUCCESSFUL PISTOL SHOOTINGでも、「最も精密な射撃が可能になる。ただし、若い場合はいいけど疲れるからやめとけ」と書いてあります。確かに直下照準はとても目が疲れました。

黒点の下を狙うようにしてからは、目がかなり楽です。ただし、精度は下がるようでX点を撃つ確率が少し下がったように感じます。8点も平気で出ます。この辺は慣れの問題もあるのだと思いますが・・・。

さらには射場の光の具合で、適宜サイトを調整して、適切なカラーフィルターも使用するよう三野氏の本は勧めていますが、具体的にどのようにするかまでは記述がありません。まあ、「各人研究してくれ!」ということかもしれません。また、このあたりまで来ると、ノウハウの世界なのでなかなか本当のところは秘密なのかもしれません。まだまだ検討すべきことは多そうです。

|

« なぜブログを書くのか | トップページ | 検定シールと検定弾 »

射撃」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして (浜町でお会いしてますから正確には違いますが・・・) moco162 こと森田です。

 楽しく拝見させて頂きました。片手系射撃は情報が少ないだけに参考になりました。
 
 狙点ですが、当初は黒点直下(白一線)で撃っていましたが、初心者の私にはシビアすぎて無理があると判断して現在は黒点の下方、黒点の大きさの1/4程度下を狙っています。といっても2月よりAPを初めて4ヶ月まだ試行錯誤しながら撃っています。

 また浜町でお会いすることがあると思いますが宜しくお願いします。

投稿: moco162 | 2005年6月 7日 (火曜日) 12時50分

moco162(森田)さん、こんにちは。ここでは、これからはmoco162さんと呼ばせて頂きます。
狙点ひとつをとっても、統一見解はないようですね。1/4ですか。なかなかよさそうですね。今後調子をお教えください。
片手系精密射撃は本当に情報が少ないので、少しでも情報交換が出来れば幸いです。皆さんとワイワイ、無駄話をするだけでも意味があると思いますので、これからもよろしくお願いします。また、浜町で競射しましょう。

投稿: カナリア | 2005年6月 7日 (火曜日) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/4378933

この記事へのトラックバック一覧です: 狙点-照準についての考察:

« なぜブログを書くのか | トップページ | 検定シールと検定弾 »