« 射撃練習(HR) | トップページ | APS CUP直前 »

近代五種

雑誌コンバットに面白い記事がありました。近代五種です。近代五種は、射撃(AP)、馬術、フェンシング、水泳、ランニングを1日で行うというハードなものです。日本で行う場合には最初の射撃(AP)が問題になるようです。

ご存じのように500人しか枠がないわけですから、近代五種をやろうとすると、その資格を得るだけで疲れてしまいそうです。そこで、マルゼンなどが協力してエアソフトガンで対応しようというお話です。

何とも悲しいお話ではありますが、日本では現実的な対応かもしれません。また、こういったことに協力するマルゼンも、よろしいかと思います。

カナリアもAPを持てたら・・・と思いたいところではありますが、馬術やフェンシングはかなり厳しいでしょうね。馬なんかさわったこともありません。カナリアは庶民なのです。

APの方々で馬術、フェンシングをたしなむ方は挑戦されてはいかがでしょうか。(日本には一体何人対応できる人がいるのだろうか・・・)

|

« 射撃練習(HR) | トップページ | APS CUP直前 »

射撃」カテゴリの記事

コメント

近代五種を行う為に、APを所持するのは大変ですから、エアーソフトガンで代用するのは日本国内では仕方ないかもしれませんが、国際大会に参加するレベルの選手には、500人枠とは別枠で許可を出してあげてもいいと思うのですが、無知な私には近代五種の競技人口がどの位あるのか知らないのですが、オリンピックの競技日程が短くなったことを考えると、あまり多く無いとおもいます。(トップレベルの選手はAPと同じく職業選手?)何しろピストル、馬術、フェンシングと日本ではかなりマイナーな種目揃っていますし、費用的な問題もあるのでは無いかと思います。

 私の場合は子供の頃馬に噛まれそうになったのがトラウマで馬に乗る気になれません。(私をかばった父は肩口を噛まれ、歯形がついていました。)

 近代五種もそうですが、バイアスロンも射撃が絡んでいるので競技人口がなかなか増えないようですよ。私も学生時代誘われたのですが、当時はスキーをやったことが無い(子供時代のミニスキー程度だった)ので断りました。 バイアスロンの的を見る限りは、射撃の選手にスキーを教えるより、スキーの選手に射撃を教えた方がすぐに成績がでるのではなんて、いい加減なことを言ったりもしてました。 まぁ身体能力ではスキーの選手の方が勝っていると思っていましたから・・・ 

 もうすぐ APS CUP だったと思いますが、頑張って下さいね。

 

投稿: moco162 | 2005年8月 2日 (火曜日) 10時31分

AP500人枠がこんなところにも・・・。何とかならんもんかと思います。さて、馬が人を噛むとは知りませんでした。馬と言うと蹴られるというイメージばかりで。怖いです。
バイアスロンについては同感です。射撃よりも、まずスキーを練習すべきかと。
どちらにせよ体力には自信がないので、射撃に何か他のものを組み合わせた場合、全く勝つ自信がありません。('A`)
APS-CUPは8月6、7日です。6日はライフルクラスなので参加しませんが、7日のハンドガンクラスで頑張ってきます。(`・ω・´)ゞ
結果が報告できれば嬉しいです。

投稿: カナリア | 2005年8月 2日 (火曜日) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/5200862

この記事へのトラックバック一覧です: 近代五種:

« 射撃練習(HR) | トップページ | APS CUP直前 »