« 浜町にて | トップページ | モチベーション »

集中と無心

射撃には集中力が必要であるとよく言われます。まあ、散漫に射撃をしていて、いい成績がとれないのは当たり前でしょう。ところで、この集中ですが、言うは簡単ですが、実際にはなかなか難しいものです。カナリア、いつも気がつけば、気が抜けた射撃をしているわけです。

ただ、最近撃っていて思うのですが、集中しているよりも、何も考えていない、つまり無心で気が付いたら撃ち終わっていたような場合の方が、成績がいいような気がします。つまり自動的に射撃が終了するような感じがいいようです。

よくよく考えると面白味がないお話ですが、理想的な射撃とは、そのようなものかもしれません。どうも、下手に「的が・・・」、「照準が・・・」、「トリガーが・・・」と考えてしまうと、見事にはずれるような気がします。

少なくとも試合では、何も考えなくても撃ちきれるようにする必要がありそうです。

|

« 浜町にて | トップページ | モチベーション »

射撃」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/6398472

この記事へのトラックバック一覧です: 集中と無心:

« 浜町にて | トップページ | モチベーション »