« APS-CUP公式店舗練習会結果 | トップページ | 静@義経 »

義経/NHK大河ドラマ

カナリア、NHKの大河ドラマ「義経」を見るともなく見ております。歴史に詳しくないのでよく分からないところもあるのですが、なかなかどうして面白い。お話としては、タイトルにある通り義経贔屓で進んでいるわけですが、それでも頼朝の悪辣さ(?)がよく分かりますね。

いやいや、国家を建設して運営するには、庶民感覚からすれば悪辣なこともしなければならないのかもしれません。まあ、国家建設の考え方からすれば、謀反人は重罪。当然に死刑でしょうかね。

「いい国作ろう鎌倉幕府」も、かなりイメージが変わりました。

加えて義経の人の良さ、いい人なんですが権力がなければ国造りなど出来るわけもなく、見事なほどの展開です。

このお話を見て、人によりまさに様々な感想を持つことでしょう。

カナリア的には頼朝は好きにはなれません。が、しかし、義経を好きにもなれません。どっちもどっちかなといったところです。頼朝の非情さは尊敬にも値しますが、当然イヤなやつです。義経はいい人ですが、結果としてその実行力のなさから周囲の人々や家来を不幸にしているわけです。どちらが自分の上司でもイヤですね。

ああ、法皇ですが、言うまでもなくゴミです!。どうも権力者にはことごとくろくなヤツはいないようです。しかし、いい人は偉くなれない・・・。

昨年の新撰組も拝見させていただいたのですが、なんだかどちらも尻すぼみ、年末に向けて悲しい感じです。来年はもう少し明るいお話を希望したいところです。

|

« APS-CUP公式店舗練習会結果 | トップページ | 静@義経 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/7233809

この記事へのトラックバック一覧です: 義経/NHK大河ドラマ:

« APS-CUP公式店舗練習会結果 | トップページ | 静@義経 »