« しっかりしろ!ニフティ | トップページ | 秋季普及大会 »

プーシキン美術館展

カナリア、東京都美術館で開催されている「プーシキン美術館展」に行って参りました。カナリア、絵画を見るのが好きなのですが、最近はご無沙汰でしたので久しぶりに堪能して参りました。

美術館に到着いたしますと、なかなかの人気です。そんなにひどくはありませんが、入場制限がかかっていました。

入場するとまずルノワールがお出迎えです。特徴的なやさしい絵が飾ってあります。その隣にはドガの「写真スタジオでポーズする踊り子」です。ドガと言えばこういった構図ですね。さらに先に進みますとモネです。カナリア大好きな画家です。「ジヴェルニーの積みわら」、「白い睡蓮」など、これまた特徴的な作品です。いつもは写真などでしか拝見できない作品を、生で鑑賞できて感激です。色遣い、やさしいタッチ、好きです。隣にはシスレーもあり、これまたカナリアお気に入りの画家です。

他にもセザンヌやゴッホ、ゴーギャン、ボナール、マティス、マネ、ロートレック、ピカソなど、日本人が好きな画家が目白押しです。まあ、かなりミーハーかと・・・。

目玉の一つのマティスの「金魚」は、生で見ることをお勧めしたい作品ですね。

とは言え、カナリア、別に絵に詳しいわけではありません。最後の方のキュビズムなどは、正直なところ理解不能でした。

それでも全体的にみて、分かりやすい構成で、納得できる内容でした。若干混んでいるため、お好みの作品をゆったり鑑賞する余裕がありませんが、辛抱強く並んでいれば、全ての作品を目前で鑑賞できます。一連の作品が好きな方々には是非お勧めしたいです。

12月18日まで開催していますので、一度お出かけになってはいかがでしょうか。

|

« しっかりしろ!ニフティ | トップページ | 秋季普及大会 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/7342175

この記事へのトラックバック一覧です: プーシキン美術館展:

« しっかりしろ!ニフティ | トップページ | 秋季普及大会 »