« 続据銃練習 | トップページ | 春季全国ピストル大会(AP)後編 »

春季全国ピストル大会(AP)前編

カナリア、春季全国ピストル大会に参加して参りました。カナリアにとって2度目の全国大会になります。当日はいい天気でしたが、風が強く、絶好の射撃日和ではありませんでした。まあ、仕方ありません。強い風のため段級審査をどうするか、少々ためらったのですが、こういう時に限っていい点が出る可能性があるので、ダメもとで受験することにしました。これが吉と出るか凶と出るか?

さて、結果です。
95-97-96-90-91-94:合計563点(4段合格)ヽ(゚∀゚)ノ
やっとと申しますか、4段に合格することができました。わーい。

まず第一シリーズですが、悪くない展開でした。8点も出ず、いい滑り出しです。ちょっとドキドキです。続いて第二シリーズですが、不思議なほど10点が出ました。自分でも理解できないほどです。これは第三シリーズでやられるかな(?)と思いましたが、不思議と安定しておりました。このままのペースで撃ち切れれば6段点です。これは危ない話です。
一休みして第四シリーズ、ついに来ました。出だしから8点です。今日初めての8点です。このシリーズ8点が3回も出てしまい90点としてしまいました。このまま崩れてしまって結局555点を下回ってしまう可能性が頭をよぎります。(>_<)
一休みして第五シリーズですが、8、8点と厳しい出だしです。ここでもう一度自分の射撃を点検しますと、どうもガク引きモードに入ってしまっているようです。苦しみながらも少しずつ調整をして何とか91点としました。これで最終シリーズを無難に撃ち切れれば555点は大丈夫そうです。が、ここで残り時間が約10分間となってしまいました。やばいです。精神を統一して基本を再確認、ガク引きに注意しながら最終シリーズを撃ちました。最終シリーズは以下の通りです。
9-10-9-10-9-8-9-10-10-10
最後の3射を残して残り5分間となり、かなりあわててしまい、なんでもいいから撃ってしまえというかなりいい加減な撃ち方をしてしまったのですが、運良く10点になりました。最終弾の時にはビビリが入り、かなりいい加減なトリガーワークになっていました。ともかく運が良かったと思います。0点撃たなくて良かった・・・。
今日は、風が思いの外強く、時折吹く強い風により照準している腕は左右に揺られて参りました。そのため風が吹くたびに休みを入れたために、想像以上に時間が厳しくなりました。途中、崩れてしまいましたが、今日は上出来でした。運にも助けられたと思います。
ともかく、これで目標としていた4段を取ることができました。FPの入り口に立つことができたと思います。とは言え、カナリアが所属する県ではFPの所持が許されないことで有名ですので、果たして本当に所持できるかわかりません。ともかくダメもとで、いつもお世話になっている警察署にそのうち相談に行ってみたいと思います。さて、どうなりますやら・・・。

|

« 続据銃練習 | トップページ | 春季全国ピストル大会(AP)後編 »

大会参加2006」カテゴリの記事

コメント

いや〜、おめでとうございます。
今回、日ラHPに試合結果が即日で掲載されたので、拝見して拍手しておりました。
これで「やっと」なんて言われますと、立つ瀬のない人が私も含めて極多数。(笑)
がんばってこのまま突っ走ってください。応援しております。

投稿: けいこう | 2006年4月10日 (月曜日) 01時34分

カナリアさん おめでとうございます。
 
 やっと 4段合格だなんてとんでもない! もう4段ですよ。
 これから FP所持に向けて大変でしょうけど頑張って下さい。 カナリアさんの所属県でも最近、既所持者の転入による前例ができたという噂(真意の程は定かではないのですが・・・)を耳にしましたので、日ラの推薦が取れれば多分大丈夫だと思いますよ。私もカナリアさんを目標に精進しますので、これからも宜しくお願いします。

投稿: moco162 | 2006年4月10日 (月曜日) 12時22分

先日の朝霞お疲れさまでした

 しかしすごいですね~2戦目で4段取得とは…後はFPを申請するのみですね!
 私のほうはやっと560に乗せたって感じで、朝霞の難しさが身にしみました。

日曜はFPの初撃ちに出かけ50発ほど撃ってみました。
初なのでボアサイティングで適当にサイトを合わせて模擬弾を入れ構えてみるとグリップと銃の角度も全く問題なさそうです。空撃ちを何度か行って(やたらトリガーが軽く2段引きでないため結構難しい)いよいよ実射。
SBよりも甲高い音と反動で第一発目発射。スコープを使うのに慣れていないので標的のドコに弾着があるのか分からない。
良く見ると真上の1点辺りにある様子、2発目もほぼ同じ辺りでサイトを調整すると目いっぱいに調整してもまだ真上の8点辺り…
もうこれ以上に調整できないのであきらめて取り合えず撃つことに。慣れてくると結構まとまりだしサイトが合えば何とかなりそうです。
APと比べると標的の見た目が小さく10点の許容範囲がやたら狭く感じます。APの9点ギリギリはFPの8点悪くすると7点まで飛んで行きます。
 撃てるようにはなりましたがまだまだ銃のセッティングも必要で本格的な練習はしばらくお預けです。デビュー目標は夏の朝霞!

頑張って行きましょう

投稿: ホシ | 2006年4月10日 (月曜日) 12時43分

尊敬っ!
四段合格おめでとーございますっ。いやはや、びっくりの点数ですね。
「立つ瀬のない極多数」のうちの一人です。同じ時期に始めたとは、とても思えませんよー。
何か基本というか、基礎が違うのでしょうか?
今度、普段されている練習を詳しくご紹介くださいませんか?同じ練習をしたからといって同じ点数にはならないでしょうが、多少はカナリアさんに近づけるのではないかと思いまして。
期待しています。
なにはともあれ、おめでとうございました。

投稿: ハンドライフルのマコちゃん | 2006年4月10日 (月曜日) 18時18分

けいこうさん、ありがとうございます。
「やっと」というのは若干不適切な表現でした。ただ、何度もお布施を重ねておりましたので、つい「やっと」という表現になりました。一体いくらお布施をしたことやら・・・。これが、偶然が重なった奇跡とならないよう頑張りたいと思います。でも、運が良かったのは間違いないです。

moco162さん、こんにちは。
先日はお世話様でした。FPへの道は、別の意味で遠いですが、めげずに頑張りたいと思います。ただ、当面はAPを中心に精進したいと思います。また、射場でお会いしましたら、よろしくお願いします。

ホシさん、こんにちは。
運良く4段点が撃てました。FPどうなるか全くわかりませんが、ひとまずチャレンジしてみたいと思います。
そして、FP初撃ち、おめでとうございます。やはり、かなり難しい感じでしょうか。でも、面白そうですね。夏季大会からの参加楽しみですね。これからもよろしくお願いします。

投稿: カナリア | 2006年4月10日 (月曜日) 18時22分

ハンドライフルのマコちゃんさん、こんにちは。
尊敬されても本当に困ってしまいます。そもそもチャンピオン(しかも連続!)に、そう言われましても・・・。(^^; たぶん本質的にあまり変わらないと思いますが、これまで撃ってみて、いくつか思ったことがありますので、今度少し整理しながら書いてみたいと思います。
ただし、本質は三野氏の本にある通りだと思います。この本は本当に奥が深いです。
ともかくこれからも、一緒に頑張りましょう!

投稿: カナリア | 2006年4月10日 (月曜日) 18時31分

カナリアさん、
四段合格、誠におめでとうございます。久々にアクセスしてみると(環境の変化でアクセスが困難になりました)、ご活躍の様子で驚いております。私はAP8ヶ月目ですが、530前後を行ったり来たりで、カナリアさんの点数のことを思うと、喜ばしい反面、かなり落ち込んだりしています。でもまぁ、あせらず頑張ろうと思います。話は変わりますが、先日ヘンメリーからメールが来ました(過去に色々質問をしていたもので)。「わが社がワルサーに吸収されたので、今後の質問はワルサーにしてください、云々、、」と言うものでした。私と同じ射撃クラブの方がヘンメリーのFPを注文したがなかなか届かない、とこぼしてましたが、この吸収合併劇が関係していたようです。聞いたところではスイスのヘンメリーの工場を移転することになり、その関係で当分供給がストップするというようなことです(本当でしょうか?)。結果として上記の方は、許可証の期限が切れてしまうので、モリーニを購入したようです。ヘンメリーブランドは残るようですが、ヘンメリーファンの私には結構ショックな話でした(私が詳しく知らないだけでこの分野の、吸収合併劇はいくつもあるでしょうが)。気になったもので変なことを書いてしまいました。すみません。今後とも宜しくお願い致します(アクセス回数は減りますが、、、)。

投稿: てっぺい | 2006年4月14日 (金曜日) 05時39分

てっぺいさん、お久しぶりです。
片手系としてはHRも含めれば1年半近く経ちますので、てっぺいさんが落ち込まれる必要はないと思います。むしろ恵まれた銃環境で羨ましい限りです。こちらは練習すらままなりません。
また、ヘンメリー情報、ありがとうございます。実はFPの候補としてヘンメリーのFP60を考えておりましたので、少々驚愕しております。ワルサー資本下に入って、安定供給されるようになるのであれば歓迎ですが、どうなるのか心配です。
ネット環境悪化とのことですが、機会があればまたコメントをいただければ幸いです。これからもよろしくお願い致します。

投稿: カナリア | 2006年4月14日 (金曜日) 09時04分

こんにちわ

 私もFPの候補としてヘンメリーを考えたりしてましたがFPの先輩方や三野氏と相談したところ、ヘンメリーは最近、部品も供給されずに故障すると大変って事でモリーニかトズに絞られましたがどうせならRinkグリップを使いたいので予算を考慮してトズとなりました。

 撃ったフィーリングは悪くないのですがサイトを調整できないトラブルでやむなくフロントサイトベースを国内で製作することになりました。
本格練習まではもうしばらくかかりそうですね。

カナリアさんもFP所持頑張ってください!

投稿: ホシ | 2006年4月15日 (土曜日) 12時19分

ホシさん、こんにちは。
やはりヘンメリー、厳しいようですね。経営問題も関係あるのかもしれませんね。やっぱりTozかモリーニでしょうか。実はパルディーニにも色気があります。
グリップも大変気になりますし、トリガーシステムも気になります。また、重さもかなり気になります。FP60は軽そうなもので・・・。(^^;
しかし、サイトが調整しきれないというのも不思議なお話ですね。グリップとの関係でしょうか。
ともかく、私の方は可能としても当分先になりそうです。また、何かありましたら、どうぞコメントをお寄せください。

投稿: カナリア | 2006年4月15日 (土曜日) 22時42分

カナリアさん、ホシさん、
アドバイス、コメントなどありがとうございます。私の場合は確かに銃環境には恵まれているのですが、才能には恵まれていないかも知れません(泣)。実は今年初旬にヘンメリーのFP60を購入したのです。そしてその直後に同じ射撃クラブの人が同じFP60を購入しようとしたところ、既にとき遅し。彼は購入ができずモリーニにしたわけです。ほんの数週間の差なので、私は運が良かったのでしょうね。FPはまだ2度しか撃ってませんが、何とか黒的に当たる程度です(恥)。私はLP10ではMサイズのグリップなのですが、何故かヘンメリーのFP60のグリップはMサイズがなく(ヘンメリーにも問い合わせたのですが、本当に「ない」のです)、どうも私のFP60 にはLサイズのグリップが装着されているようで、手にフィットしません。クラブの方々に相談すると車で3時間ほどでRinkに着くらしく、彼らは直接Rinkを訪れて寸法を測ったもらってグリップを作ってもらっているようです。そのうちの一人はTozで、グリップだけではなく、銃身下部の木製部分も作ってもらったとのことです(この部分はオリジナルだとウェイトがつけられなかったとのこと)。私もいずれRinkのグリップが必要になるのでしょうね。こう書いてみると、確かに銃環境はいいですね。でも今のところ、FPより何よりAPに一番のめりこんでいるので、なによりAPの上達に力を入れています。実はまだ、射撃用のめがね、遮蔽版、アイリスシャッター、射撃用の靴さえも持っていないのですから、まだまだそろえるものが山ほどあります。まだまだ初心者ですので、また色々と相談させてください。宜しくお願い致します。

投稿: てっぺい | 2006年4月17日 (月曜日) 01時26分

てっぺいさん、こんにちは。
なんとFP60をお持ちだったとは!。宜しければいつか感想をお寄せください。とても興味があります。
また、私のグリップはSサイズです。自分としては、ちょうどよいところだと思っています。カスタムグリップにも、興味がありますが、しばらくは純正品で頑張ってみたいと思います。
なお、カナリアも射撃眼鏡、遮蔽板、アイリスシャッター、専用靴を持っておりますが、結局使用しているのは手作りの遮蔽板だけです。悲しいことに射撃眼鏡、アイリスシャッターとも、どうもうまく使えません。靴もなぜか普通の運動靴の方がしっくりきます。道具を使うのも、なかなか難しいようです。(^^;
また、何かありましたら、コメントをお寄せください。ではでは。

投稿: カナリア | 2006年4月17日 (月曜日) 18時36分

FP60ですが、他のFPをよく知らないのでなかなか比べるのは難しいです。が、やはり名前が確立されているので評判は良いですね。実は初めて撃ったときから不発、というよりファイやリングピンが落ちないことがありました。2度目に行った際にはついに射撃ができない状態になりました。周りの人が見てくれたのですが、結果的に分かったのは、工場出荷の際にトリガーをかなり軽く(30g)にセットしているので、シアのかかりが甘くなりすぎコックできてなかったようです。トリガープルを重くセットしたらすぐに直りました。単純なことなのですが、初心者の私にとっては、購入してすぐの出来事で、右往左往するばかりでした。コーチ(常駐ではないですがたまにクラブに来てくれることがある)曰く、「軽すぎるのはよくない(暴発を恐れて変に緊張しすぎる)」とのことなので、今少し重めで頑張っています。いずれにしてもまだ3回しか撃ってないのでなんともいえないのですが、また報告させていただきます。そうそう、初めて撃ったときの感想ですが、「思ったより反動がある」でした。
PS
先日APのクラブ対抗友好試合がありました。400点満点の形式なのですが、358点でした。練習では1シリーズでたいてい90を超えるようになったのですが、やはり試合では緊張するのでしょうか(しかも横の人が左利きで顔を合わせて撃ってましたから)。

投稿: てっぺい | 2006年4月23日 (日曜日) 19時15分

てっぺいさん、こんにちは。
FP60のご紹介、ありがとうございます。FPの情報はとても少ないので、大変参考になりました。日本でのFP60所持は大変困難そうですが、もう少し情報を集めてみたいと思います。
また、成績ですが、練習と試合では、どうしても同じように射撃をすることが難しいですね。カナリアも試合では、いつも緊張のため、訳の分からない射撃をしてしまいます。これも、ある程度「慣れ」が必要なのかもしれません。
ともかく、これからもよろしくお願い致します。

投稿: カナリア | 2006年4月24日 (月曜日) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/9463079

この記事へのトラックバック一覧です: 春季全国ピストル大会(AP)前編:

« 続据銃練習 | トップページ | 春季全国ピストル大会(AP)後編 »