« ISFF NEWS | トップページ | FPの検討2 »

FPの検討1

警察の方はどうなるか分かりませんが、ひとまずいつもの銃砲店に相談に行ってみました。その結果、やはりAPとは違ってFPだと、若干異なった手続きが必要なようです。おおよその流れを教えていただきました。

教えていただいた手続きは、以下の通りです。

1.警察での確認(OKなら次へ)

2.協会推薦書(もらえれば次へ)

3.銃の発注(先方留め置き)

4.譲渡承諾書(メーカーでの銃番号を確認して)

5.許可申請

6.許可

7.輸入指示

8.輸入(お店の方と同行して受け取り)

9.確認&預け入れ

お店には輸入のお手伝いをしていただけるとのことでした。つまり、お店が輸入したFPを購入するのではなく、カナリアが輸入するのを代行してもらうだけのようです。日本の法律では、けん銃の販売はできないそうです。ともかく厳しいお話でした。

ついでにFP事情をお聞きしてみました。やはりヘンメリーはちょっと難しい感じでモリーニが無難そうです。まあ、そもそも許可が出るかどうかも不明ですが、もし大丈夫そうであればモリーニになるかもしれません。さてさて、どうなりますやら・・・。

|

« ISFF NEWS | トップページ | FPの検討2 »

射撃」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/9727305

この記事へのトラックバック一覧です: FPの検討1:

« ISFF NEWS | トップページ | FPの検討2 »