« FPの検討1 | トップページ | 目黒にて »

FPの検討2

カナリア、FP所持に向かって画策しております。ホシさんにもアドバイスをいただきながら、まずは所轄の生活安全課へ。担当の方と所持手続きを確認しました。その結果、やはり初めてのことでもあり、特に銃の預かりがネックのようでした。担当の方は、私の一存では返答できませんので署長と相談しますので今月いっぱいくらいお待ちくださいとのこと。

後日、警察から○○日の○○時に来ることができますか、との問い合わせがありました。何とか行けそうですので約束をしました。うーーん、ダメならダメ、良ければOKと電話で教えていただければいいのですが、そのどちらでもありません。どうなるのか、かなーり不安で、「短期間にやたらと銃の申請をするとはけしからん!」、「民間人がけん銃を持ちたいとは、何を考えているのか!」などと、お説教をくらうのではないかとドキドキものです。(^^;

もしOKならば、後は突き進むのみですが、ダメならば仕方がありません。ぐれる訳にもいきませんので、APを頑張りつつライフルに色気を出すかもしれません。(^^;

どうなるのか分かりませんし、民間人がやたらと銃を持つことは、警察にとっては好ましいことではないかもしれませんが、一度でいいので機会をいただければな、というのがカナリアの心情です。

なお、電話の履歴を見ると、やたらと警察が並んでいます。こんなに警察と連絡をとるようになるとは、想像だにできませんでした。でも、未だに警察から着信があるとビビリます。(^^;

|

« FPの検討1 | トップページ | 目黒にて »

射撃」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です

 いよいよですね~私の県も民間でのけん銃所持者はいなかったので警察署の方々も他県の警察に問い合わせたりと大変なようでした。

 日本の法律ではけん銃所持はできないことになっているので厳しいのは仕方ないことなんでしょうね。

 これからが手続き等大変でしょうが頑張ってください。

私も夏の朝霞デビューに向け本格練習始めます。

投稿: ホシ | 2006年4月27日 (木曜日) 12時54分

ホシさん、こんにちは。
ひとまず行ってきました。生活安全課の奥の小部屋で課長さんと面談。お説教はなく、終始にこやかに面談は行われましたが、繰り返し断念することを希望されました。
ともかくけん銃は特別なものなので、出来れば所持してほしくないようです。もう少しお互いに検討することになりましたが、カナリアちょっと萎えました。状況はかなり厳しい感じです。FPは遠いです。
ホシさんは、夏デビューに向けて、頑張ってください。応援しております。

投稿: カナリア | 2006年4月27日 (木曜日) 23時03分

なかなか厳しそうですね~
 県によって差があるのはすごく不公平な気もしますが、なぜ対応が違うのでしょうか?

正当な理由で所持しようとしてるのだからもう少し考慮してもらいたいものです。

めげずに頑張ってください!

投稿: ホシ | 2006年4月28日 (金曜日) 12時14分

ホシさん、こんにちは。
結構厳しい感じです。応対はとても丁寧で、にこやかですが、「あきらめてほしい!」オーラがあふれています。(^^;
あまり無理強いをして関係を悪化させたくもありませんが、出来る範囲で頑張りたいと思います。いろいろありがとうございます。

投稿: カナリア | 2006年4月28日 (金曜日) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/9727220

この記事へのトラックバック一覧です: FPの検討2:

« FPの検討1 | トップページ | 目黒にて »