« 会長杯(AP60) | トップページ | 射撃について »

容疑者 室井慎次

踊る大捜査線好きのカナリア、ひとまず発売された「容疑者 室井慎次」をゲットしてみました。カナリア、実は室井さん好きなので、タイトルを見ただけでDVDを予約しておりました。その感想をひとつご紹介しましょう。(映画館では見ておりません)

まず、エンターテイメントとしては、今ひとつかもしれません。少なくともカナリアの感性からは、少し?でした。

とは言え、決して面白くないわけではありません。警察庁vs警視庁のドロドロ具合も描かれていますし、湾岸署の署長・副署長・刑事課長さんも揃って出てきていい味出してます。新宿北署のヤクザ刑事(?)もいいですね。

確かに、室井管理官は各所から圧力がかかり追いつめられていきます。困ったちゃんの弁護士、イヤイヤさも爆発です。二股アホ女も見事な役柄です。うーーん、殺意が湧くとはこのことですね。

ですが、不思議と切迫感に欠ける展開でした。また、今ひとつ感情移入ができませんでした。室井さんは好きなのですが・・・。さらに、最後の結末が、室井さんの力ではないのが「えー!」という感じになってしまいます。皆に支えられる室井さんの図ですかね。

まあ、話の流れから考えれば仕方がないのですが、もう少しどうにかならなかったのかと思いました。法律的な処理にも若干?。

ただ、出てくるキャラは皆、愛すべき存在で好感が持てます。(一部例外あり!)田中麗奈も可愛いです。(^^;

踊る大捜査線好きならば見なければならないかとは思いますが、いつものエンターテイメントを期待すると、ちょっと肩すかしを感じるかもしれません。こういった作品もあるのだと思って見ましょう。

|

« 会長杯(AP60) | トップページ | 射撃について »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/9850303

この記事へのトラックバック一覧です: 容疑者 室井慎次:

« 会長杯(AP60) | トップページ | 射撃について »