« 初の国体予選(AP60) | トップページ | アルジャーノンに花束を/ダニエル・キイス »

国体一次予選結果

カナリア、初の国体一次予選に参加して参りました。当日は天気もよく絶好の射撃日よりでした。昨日の雷雨が嘘のようです。初めての国体予選でもあり、ウキウキと会場へ。APはトリガーチェックのみありました。全国大会ではエアを出さなくても良かったのですが、今日はエア出しが必要でした。

で、結果です。

92-90-92-91-92-88:合計545点

いい天気で風も弱く、比較的好きな朝霞でしたが、なぜかこの点数でした。予選どころか4段点も出ませんでした。シクシク。

ともかく出入りの激しい展開でした。10-10の後平気で8-8が出て点数が伸びませんでした。

特に緊張した訳ではありません。試射までは結構まとまっていたのですが・・・。あえて理由を探せば、トリガーが今ひとつだったことと、スタンスがどうも若干オープン気味になっていたためかもしれません。後者は首がほとんど疲れなかったことから考えられます。後はあえて言えば、昨日までの旅行で疲れていたのか。

まあ、これが現在の実力なのでしょう。ともかく次回に向けて問題点を整理して練習に励みたいと思います。

なお、APは1つの射群で全てでしたので、残念ながら上位の方々の射撃を見学することもできませんでした。全員の条件をそろえるためには仕方がないのかもしれませんが、出来れば拝見したかったです。

ひとつ気になったのが、同弾についてです。1回同弾がありましたので射場長に申請をしましたが、「ゲージを入れて確認するので構いません」と言われました。うーーん、各所文化の違いというものでしょうか?。かなり微妙な的だったのですが・・・。結果的には、ちゃんと採点されていたようなのでいいのですが、何となくひっかかりました。

まあともかく、今ひとつの国体予選となりましたが、来年に向けて、また頑張りたいと思います。来年は是非ファイナルに残りたいものです。

|

« 初の国体予選(AP60) | トップページ | アルジャーノンに花束を/ダニエル・キイス »

大会参加2006」カテゴリの記事

コメント

国体予選、お疲れ様でした。私もそのような緊張感みなぎる場での試合に参加する日を楽しみにしています。先日、当地の射撃連名の解放が送られてきて近々のヨーロッパの試合結果が記載されていたのですが、ドイツでの試合に日本人二人の名前が挙がっていました。わざわざドイツの試合に参加するために訪欧されたのか、ヨーロッパにお住まいの方なのか、気になりました(因みにお二人とも580点ほどの点数でした)。話は変わりますが、昨日クラブの方に聞いたところでは、FP60のH社を買い取ったW社の経営が破綻したとのことです(ブログへの記載が不適切でしたら削除してください)。ガセかもしれませんが、本当ならかなりショックです。W社の製品購入を考えていたもので。私が住んでいる国でも、銃器の規制が厳しくなっており、おそらくこれは世界的な傾向ではないかと思います。このような環境での銃器メーカーの経営の苦労は容易に想像できますが、個人的には非常に残念だと感じています(繰り返しますが、ガセかもしれませんので、、、)。ステイアー大丈夫でしょうか。

投稿: てっぺい | 2006年5月22日 (月曜日) 03時23分

てっぺいさん、こんにちは。
会場には緊張感がみなぎっておりましたが、私にはみなぎっておりませんでした(笑)。
さて、580点台を撃たれていたとのことですが、そのレベルの試合ができる方は、日本でもほんの数人だと思います。間違いなくオリンピックレベルですし、580点後半が撃てればメダルの可能性もあります。すごいです。
また、銃器関係情報ありがとうございます。うーーん、少なくともカナリアレベルの情報収集力では、全く知りませんでした。どうなのでしょうか。どちらにせよ、本当であれば嬉しくないお話ですね。それではまた。

投稿: カナリア | 2006年5月22日 (月曜日) 22時52分

国体1次予選お疲れ様でした。
 545点はカナリアさんにしてはちょっと不満でしょうね。旅行から戻ってすぐの大会は確かにきついと思います。でもWCに参加するような方々は旅行先での射撃を要求され、その中で結果を出すのですからすごいですよね。カナリアさんには才能(センス)があるのですから、あまり気張らずに楽しんで撃つことができれば道は開けると思いますよ。FP所持に向けて頑張って(楽しんで)下さい。
 
 W社って軍と警察の正式採用から外れたところですよね(?)。H社とW社の関係の真偽の程は定かではないとしても、そのような噂(本当かも)があっても不思議ではないですね。カナリアさん、てっぺいさんのS社とA社の関係も微妙ですよね。世界的規模でM&Aが盛んに行なわれていますので、今後銃器メーカーの動向にも注目しなければいけないかもしれませんね。moco162はとりあえずM社の動きが心配です・・・

投稿: moco162 | 2006年5月23日 (火曜日) 03時09分

moco162さん、こんにちは。
確かに疲れだとすれば体力が必要ですよね。ただ、何にせよ当たらなかったので、また練習あるのみだと思っています。確認したいことがあるので、練習したいですが、今週末はだめそうです。
銃器メーカーの件については、何とか頑張ってもらって、これ以上銃環境が悪化しないことを祈るのみです。
なんだか、いろんなことが先細りで寂しいです。加えてもう梅雨なんでしょうか?。雨ばかり・・・。

投稿: カナリア | 2006年5月23日 (火曜日) 21時35分

moco162さん、こんにちは、てっぺいです。そうです、そのW社です。H社がW社の傘下に入ったというのはH社からの情報なので間違いはないと思います。しかしながらW社の新情報は、真偽のほどは定かではありません。メーカー情報には疎くてS社、A社、M社ともどのような状況にあるのか全く知りません。ただただ、手持ちの銃の修理、メンテに支障がなければいいなぁ、と考えています。
カナリアさん、
先日私も、疲れに疲れて、7点などを出してしまいました(疲れていたというのは言い訳かもしれませんが)。なんか、脚と腕がだるくて狙いが定まりませんでした。年もあるのかもしれません、、、。あまり考えたくはないですが¥。

投稿: てっぺい | 2006年5月26日 (金曜日) 02時56分

てっぺいさん、こんにちわ。
先日の大会では、疲れていたのか、単なる実力か不明ですが、点数は伸びませんでした。もう少し上を目指して、気を引き締めて臨みたいと思います。
歳は・・・、考えないようにしておきましょう!ではでは。

投稿: カナリア | 2006年5月26日 (金曜日) 20時41分

てっぺいさん こんにちは
 W社のようにこれまで持っていたマーケットを失う事は、企業の存亡に関わる事なんでしょうね。W社のマーケットを奪ったH○社が競技用の銃をつくるようになると面白くなるんでしょうけど・・・。しかし昨今W社の人気のなさは何なんでしょう?だからT社なんてのがでてくるんでしょうね。
 日本ではメンテは結構大変です。私のAP(名前を見れば判りますよね)と同じ銃を持っている人が何人か基板(←もうバレバレ)が故障して撃てなくて、試合当日知り合いから基盤を借りて撃っていたことがありますが、部品ひとつとっても在庫がなければ本国からの輸入してもらうのですが、時間が掛かる時も結構あるようです。(ネジひとつとっても銃の部品ということで手続きも複雑になって、値段も高くなるし・・・懐が・・・)
ちなみにLP10を欧州で買うといくら位なんでしょう?

投稿: moco162 | 2006年5月27日 (土曜日) 20時43分

カナリアさん、
最近視界がぼやけるので、少々気になってたのですが、(年のせいではなく)気のせいということで乗り切るようにいたします。
moco162さん、
ほとんど謎解きのようなイニシャル、大変楽しく拝見させていただきました(興味のない方にはほとんど分からないでしょうね)。私のLP10は昨年の夏に購入したのですが1200ユーロほどでした。射撃クラブの会長が銃砲店を経営していて安くしてくれたみたいです。因みにクラブの会員にM社の輸入業者がいて、その方からmoco162のAPを購入すると1000ユーロとのことでした(これはお買い得ですよね)。おそらく通常の銃砲店で購入すると、こちらの方が日本より高いのではないでしょうか。因みにH社のFP60が1500ユーロくらいでした。しかし、基盤とか故障するんですね。いい事を聞きました。今後の参考にさせていただきます!

投稿: てっぺい | 2006年5月28日 (日曜日) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/10131351

この記事へのトラックバック一覧です: 国体一次予選結果:

« 初の国体予選(AP60) | トップページ | アルジャーノンに花束を/ダニエル・キイス »