« 記録会(AP60) | トップページ | 紹興酒 »

巧名が辻

カナリア、NHKの大河ドラマ「巧名が辻」を最初から見ております。正直な感想としては、これはタイトルを「信長!」とすべきではないかということです。すなわち、山内一豊の存在感が、おそろしいほど薄いのです。まあ、面白いのではありますが・・・。

確かに初期の頃は二人のお話もありましたし、前回は馬のエピソードもありました。大きな流れとして信長や秀吉、家康などの存在感が大きくなることは仕方がないのは事実ですが、それにしてもこのドラマ、一体どこに焦点を当てたいのでしょうか?

次回は本能寺の変ですが、またまた信長中心に描いてしまうのでしょうか。もう少し、タイトルとの整合性を図ってもいいのではないでしょうか。せめて、山内一豊などの視点を中心として描くなど、いくらでも方法はありそうなものです。

とは言え、個人的には今の信長の行っちゃっているぶりが楽しいですね。いやもう、こんな上司だけは勘弁してほしい最高ランクかと思いますが。理不尽であるとか、道理が通っていないとか、全く関係なく自分が思うがままに部下を扱い、そして捨てる。挙げ句の果てに、自分を神だの王だのと言い切るところが素晴らしい。舘ひろしの演技も気に入っています。

このくらいできなくては、国を統一することなどできないのかもしれません。偉大な存在ではありますが、尊敬できる存在ではありません。

また、光秀と言えば裏切り者といったイメージが強かったのですが、こうして見てみると、仕方がないのかもしれませんね。カナリアが光秀でしたら、やっぱり謀反を起こしたかと思います。

ともかく次回の信長の散りぶりを楽しみにしております。

|

« 記録会(AP60) | トップページ | 紹興酒 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/10406017

この記事へのトラックバック一覧です: 巧名が辻:

« 記録会(AP60) | トップページ | 紹興酒 »