« 出口のない海/横山秀夫 | トップページ | APS-3の感想 »

APS CUP 2006

カナリア、今年もAPS-CUPに参加して参りました。今年もハンドガンクラスのオープンサイト(光学サイト等はなし)部門です。さすがにもう慣れた浅草です。中はエアコンが効いていて快適でしたが、外は結構暑かったですね。

さて、結果です。回った順番で行きますと以下の通りです。

プレート:12枚:48点

シルエット:スタンディング:11点、プローン:15点:計26点

ブルズアイ:96点(2X)

合計:170点(2X)

何とか今年はエキスパートを取ることができました。ラッキー!

まず、プレートですが、今年は意外といい点でした。これまで10枚に達したことがなかったので上出来です。実際には以下の通り。

○×○○×

○○×○○

○○○○○

右下から撃ち始めて、見た目通りの結果です。最初の大きいプレートを撃ち切れたのが良かったようです。少し落ち着いて、その後も撃つことができました。プレートで銃を止めるようにして撃ったのがいいようです。

一方、シルエットですが、こちらは今ひとつでした。まずスタンディングですが、

10mX、10m×、10m○、9m○、8m×

と、最初の2発で10mを外し、これはちょっとと焦りながらも3発目でヒット、続いて9mもヒットしてやっと落ち着いてきたと思いきや8mを外してしまいました。情けない。

プローンも

10m×、10m○、9m○、8m○、7m×

と、最初の外しはまだしも、最後の7mをなぜ外す・・・?。ちょっと、納得いかない結果でした。

最後のブルズアイですが、今年こそはと満点を狙ったのですが、

10、10、10、8、8:46点(1X)

10、10、10、10、10:50点(1X)

と、最初のシリーズで2発も8点を撃ってしまいました。やはり、緊張のため銃をしっかりと保持することができませんでした。情けない。

最終的にはエキスパート点数に届き、結果的には満足できる内容でしたが、今年もやはり緊張のため銃がふるえてしまいました。日頃求められている精度と比較しても、何とも情けない感じです。これを反省して来年に臨みたいと思います。

なお、驚くことに入賞してしまいました。が、暢気に昼飯を食べに行っていたカナリア、戻ってくると表彰式終了直前でした。ありゃー。知っている人が、「呼ばれてたよ!」と教えてくださったのですが、恥ずかしいので表彰式終了後、そっとスタッフに申告しました。

ひとまず商品は頂けました。マルゼンのエレクトリックターゲットです。ありがたく、職場の射撃部で活用させていただく予定です。

ともかく落ちも付きましたが、来年はさらに上を目指していけるようにしたいものです。

なお、会場ではAPS-3の販売直前の製品があり、希望者に試射をさせてくれていました。カナリアもしっかりと撃ってきました。感想は後日・・・。

|

« 出口のない海/横山秀夫 | トップページ | APS-3の感想 »

APS CUP」カテゴリの記事

コメント

入賞おめでとうございます。

この分なら良い結果が波及して、APも入賞間近ですね(^_^)

APS-3のレポート期待しています。

職場の射撃部って、APSカップ系ですか?

投稿: moco162 | 2006年8月 7日 (月曜日) 12時40分

moco162さん、ありがとうございます。
APS-CUPはAPとは違った難しさがあります。と言いますか、別の競技だと思います。プロはいませんが、結構特化した方が多いようです。APの方は職業シューターがいますし、どちらも上位に行くのは難しいですね。
APS-3の感想は後で書きます。
なお、射撃クラブの方は、皆で楽しめるように、エアソフトガンも対象にする予定です。と言うよりも、そっちがメインになるかもしれません。まだ、予定の段階ですが・・・。

投稿: カナリア | 2006年8月 7日 (月曜日) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/11303299

この記事へのトラックバック一覧です: APS CUP 2006:

« 出口のない海/横山秀夫 | トップページ | APS-3の感想 »