« 目黒にて | トップページ | 出口のない海/横山秀夫 »

ISSF NEWS 4:2006

ISSF NEWSの2006年4号が届きました。今回も封筒の口がオープン状態でした。表紙は中国のZongliang TAN氏です。34歳なんですね。記事はMUNICH(GERMANY)とMILAN(ITALY)ののワールドカップのお話です。後はトピックス記事とショットガン関係。

Zongliang TAN氏は絶好調のようで、ともに10mAPで優勝。すごいです。ビデオで拝見しても、綺麗なフォームで撃たれる方です。一方、Jasna SEKARICさんも絶好調とのことで10mAPではドイツで2位、イタリアで優勝。ご自身でも"I haven't been so successful for a long time; This is my best season!"と、おっしゃっています。

あと、ちょっと面白そうだったのが銃身の振動に関する記事です。SBにおいて弾頭が飛び出すまでに銃身に起こる振動によって、精度が変化するようです。また、そのことについて解析をして、いかに精度を上げることができるかに関するフランスの特許のようです。

私は機械屋ではないので理屈はよく分かりませんが、それなりに変化があるようです。いくつか有益な傾向も見えるようで興味がある方は一読されてはいかがでしょうか。

ベンチレストやSBで、「腕以外の理由によって当たらないのではないか」とお考えの方には、何らかの一助になるかもしれません。

それにしてもチャンバーに油があるとグルーピングがいつも良くなるという結論は面白いと思いました。本当かな?

|

« 目黒にて | トップページ | 出口のない海/横山秀夫 »

射撃」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/11177734

この記事へのトラックバック一覧です: ISSF NEWS 4:2006:

« 目黒にて | トップページ | 出口のない海/横山秀夫 »