« PS3(プレイステーション3) | トップページ | アルフィーコンサート »

今年のまとめ

2006年もあっという間に過ぎ去ろうとしております。毎年、1年が過ぎるのが早くなっているような気がします。まさに加速しているかのようです。(^^;

今年の1月にAPを所持してちょうど1年が経とうとしております。AP元年としての結果を振り返り、来年への抱負としたいと思います。

2006ap60 まず、今年1年間での試合形式でのAP60の結果をグラフにしてみました。全国大会から記録会レベルまで、全てを同列に扱うことにします。この結果からは、単純な右肩上がりではないことが分かります。

最初の2ヶ月は、気合いが入りまくっていて、自分で考えても勢いがありました。そして6回目(2ヶ月目)で今年最高点の563点を記録しました。

が、その後低迷します。何だか感覚も分からなくなり、当初、どうやって当てていたか分からなくなりました。かなりの試行錯誤をしながら、もがきましたが、結局、基本に忠実に射撃をする以外にないことにたどり着きました。

後半に入ると点数のブレが大きくなっておりますが、これは体調の問題などもあります。大雑把な傾向としては、若干上向いてきているとも読み取れます。19回目には今年2番目となる561点を出すことが出来ました。

1年間を通して540点を割り込んだことが3回あり、16回目に割り込んだのは気になるところですが、今後はもう少し安定感のある射撃をしたいと思います。

ともかく、来年はAP2年目として、今年以上の向上を目指して頑張りたいと思います。

|

« PS3(プレイステーション3) | トップページ | アルフィーコンサート »

射撃」カテゴリの記事

コメント

坊主も昨年秋に始めて、春にぐっとのびて、初夏に今年最高点
以下低迷で先月若干いいかな?って感じです
見てて疲れる1年でした

投稿: NOB | 2006年12月29日 (金曜日) 12時23分

カナリアさん、
今年1年ご苦労さまでした。
私も未だに540を割ることがあり、その時は結構滅入ったりします(昨日は7点を出しましたし)。
さて、話題を変えてしまいますが、一点気がついたことを書かせていただきます。
以前よりステイアーのローディング方法は時代遅れだ、と思っていました。他社製と違って指で押し込むのは古い、と。
最近はこの認識が変わりました。
というのは射場で他の製品を使っている方が、間違ってタマを2発装填し撃ってしまうところを何度か目撃したからです。
私も既に弾が装填されているにもかかわらず、もう一発装填してしまおうとしたことがありました。ところがステイヤーの、指で装填する方式だと入らないのですよね。つっかえて。
試合の時に間違えて2発装填して撃ったらえらいことですし、今はステイヤーの装填方法の方がいいと思うようになりました。
つまらない内容での長文、済みませんでした。
来年も一緒に頑張りましょう!
良いお年を!

投稿: てっぺい | 2006年12月29日 (金曜日) 18時39分

NOBさん、こんにちは。
最初に点数が出た後に一度落ち込み、その後、どの程度上昇するかがポイントであるとお聞きしたことがあります。今後の上昇に期待したいところです。来年はお互いに飛躍の年にしたいものです。今後とも、宜しくお願い致します。

てっぺいさん、こんにちは。
調子が悪いと落ち込みますが、引きずっても何ら意味がないので忘れるようにしております。(^^;
なお、ステイヤーのローディングは、私もそれなりに納得しております。込め具合も自分で調整できるのが気に入っております。
ともかく来年もお互いに頑張りましょう!

投稿: カナリア | 2006年12月29日 (金曜日) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/13224847

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のまとめ:

« PS3(プレイステーション3) | トップページ | アルフィーコンサート »