« 今年の抱負 | トップページ | for RITZ/岡崎律子 »

冬季DSS大会

カナリア、冬季DSS大会に参加して参りました。DSSは初参加です。会場は目黒の体育館でした。

射場は普通の会議室にDSSマシンを5台セットして行いました。皆でワイワイやりながら箱出しからセッティングまで行いました。大きなトラブルもなくセッティング終了。

しかし、時間はぎりぎりとなり、慌ただしく射撃開始です。

ところで、今日会場で貸し出ししていた銃は基本的にSAMでした。てっきりLP10とばかり思っていて、グリップも持参していたのですが、全く当てが外れました。

何とかグリップのエンドは調整したのですが、自分にはサイズが少し小さい感じでした。また、リアサイトの幅が狭くて参りました。ある程度は調整したのですが、どうもしっくり来ませんでした。加えて、トリガーの感じがかなりLP10とは異なっており、遊びが多い感じでした。

普段であれば、既に激発しているところまで引いても激発せず、さらにもう一段引く必要があり、どうも気持ちが悪い感じでした。もう少し時間があれば調整したかったのですが、ほとんど時間がなく無理でした。また、トリガーの切れ味も自分には合っていない感じでした。

そして一番気になったのは銃が軽いために、簡単にフラフラと銃が揺れてしまって参りました。100g程度のウエイトが必要だと思います。

ともかく、いろいろと不満はありながらも射撃開始です。開始はPCの試射とシールが貼ってあるファンクションキーを押すだけ。簡単です。時間計測も始まります。時間は試射も含めて70分間です。

撃った感じとしては、やはり銃が簡単に揺れてしまって、とても難しく感じました。ひとまずひたすら試射を続け、おおよそ30発くらいは撃ったと思います。さすがに疲れてきたので本射へ。本射もシールのキーを押すだけです。簡単!

で、結果です。

87-89-91-84-91-95:合計537点

残念ながら90点平均で撃つことはできませんでした。最初は平気で8点が出てしまい、時には6点も出る始末。ロックタイムが60msのため、フォロースルーがいい加減だと簡単に飛びが出るようです。

最後の方では、少しコツが分かってきたのか10点が出るようになりましたがトータルでは平凡な点数に終わりました。

とは言え、初のDSSは大変勉強になり、またその可能性を感じることが出来ました。セットさえ揃えれば自宅でも練習ができるDSS。非常に興味深いものがあります。何とか簡易版でもいいから購入したいものです。少し本気で考えてみたいと思います。

|

« 今年の抱負 | トップページ | for RITZ/岡崎律子 »

大会参加2007」カテゴリの記事

コメント

DSS大会お疲れさまでした。

Sさんからメールで伺いましたが、皆さんグリップに悩まされたようですね(;^_^A

カナリアさんはLP-10ユーザーですから、デジタルピストルは買いですね。ウエイトをつけてバランスを合わせることができれば、きっといいトレーニングになると思いますよ(^-^)

余談ですが、60msecというのはロックタイムではありません。
トリガーを引いて内部のハンマーがバルブを叩いて(=ロックタイム)DPユニットのセンサーが感知してから、標的上の着弾点の位置を決定する時間が、60msec後ということですので、APとDPのロックタイムは銃の個々の差はあると思いますが、原則同じです。

 差が出るのはイグニッションタイム(APの場合は発火しませんが・・・)とバレルタイム、バレルを離れてから標的に着弾するまでの時間です。DPの場合これらの時間はゼロsecですから、APの弾速を考慮して決定したんでしょうね。撃っていて感覚的には長すぎるような気がしますが・・・

投稿: moco162 | 2007年1月 8日 (月曜日) 00時51分

moco162さん、こんにちは。
DPのディレイタイムの設定についてのフォローありがとうございます。ちょっといい加減なことを書いてしまいました。(^^;
撃った感じとしては普段のAPより若干長目かなと思いましたが、しっかりとフォロースルーをすれば良いわけですから、むしろいい練習になると考えるべきなんでしょう。
ターゲットキューブと併せて約30万円ちょっととのお話なので思案しどころです。

投稿: カナリア | 2007年1月 8日 (月曜日) 09時58分

モリーニのDPか、APのシリンダーと交換して使用する発光ユニットが出れば、買いなんですけどねぇ~

あとはもうちょっと、安価になってくれるといいんですけど・・・まだちょっと高すぎます(*´Д`)=з

投稿: moco162 | 2007年1月 8日 (月曜日) 21時33分

理想は後者のAPのシリンダー交換型発光ユニットですね。プラスターゲットで20万円くらいになりませんかね~。

投稿: カナリア | 2007年1月 8日 (月曜日) 22時04分

カナリアさん、
DSS初参加、おめでとうございます。
DSSに続きFPも!と行きたい所ですね。
先日日本人学校の図書館で、「スポーツ辞典」(ポプラ社 1976年初版)を見つけました。その中で「ラピッドファイア」が写真つきで紹介されていました。当時はリボルバーの使用もあり、的も人物の型であったことが記載されています。興味深く見たのは挿入されている写真です。10数人が射撃をしている様子が撮影されています。現在の規則では装薬銃は50人が上限ですから、10数人が集まるというのは現在ではなかなかないのではないでしょうか。かなり年配の方と思われるような人や、明らかにリボルバーで撃っている人などが写っており非常にのどかないい写真です。
今となっては、古きよき時代、なのでしょうね、、、。
規則的には、FPができればRFPやCFも可能なんでしょうか。そうであれば、まだまだ選択の幅が広がりますね。

投稿: てっぺい | 2007年1月10日 (水曜日) 21時20分

てっぺいさん、こんにちは。
DSS面白い感じです。FPは遠いです。
さて、昔のRFPですがリボルバーでの参加とはどういう感じになるのか想像もできません。当時も4秒射があったんですかね~。ちょっと、無理そうな感じです。(^^;
RFPやCPは、所持に関してはFPと同様な扱いになるようです。が、基本的にはFPで基準点を撃っての所持になっているようです。しかも、民間人ではCPで2名、RPFは0名という状態のようです。FPでも10名いるかいないかといったところでしょうか。本当に日本では装薬けん銃の所持は遠い道のようです。

投稿: カナリア | 2007年1月10日 (水曜日) 22時18分

RFP 民間で0名ですか、、、。
昔は日本もおおらかだったようですが、今は本当に厳しいですね。
私の祖父の時代は民間人の拳銃所持もかなりおおらかで、祖父は「護身用」との名目で、アイバー・ジョンソンのリボルバーを「合法的」に所持してたようです。
今となっては考えられない話ですね。

投稿: てっぺい | 2007年1月10日 (水曜日) 22時54分

私自身、もしFPを所持できたとしてもRFPはやらないと思います。なんと言っても民間人では全く練習ができないからです。せいぜい頑張ってCPが限度かと・・・。しかも、持てたとしても装薬は最大2丁までしか所持できませんので、FP+CPでおしまいです。
なお、護身用に所持可能だったとは何ともすごいですね。(^^;

投稿: カナリア | 2007年1月10日 (水曜日) 23時12分

カナリアさん、
フォロー情報です。
当時から4秒射はあったようです。
22口径のSAAかなんかで西部のガンマンが出てたんでしょうかね。
冗談はさておき、リボルバーで4秒射と言うのは本当にすごいことですよね。

投稿: てっぺい | 2007年1月15日 (月曜日) 17時40分

てっぺいさん、こんにちは。
情報ありがとうございます。リボルバーで4秒射。神業かと・・・。ダブルアクションなんだと思いますが、撃つだけで大したものですね。

投稿: カナリア | 2007年1月15日 (月曜日) 22時09分

てっぺいさん、はじめまして。ヒットマンJr.と申します。
ステイヤーのシリンダーの取り外し方は分かりましたでしょうか?
シリンダーを1回転緩めて水抜き弁からエアーを抜けばシリンダー内の気圧を下げる事なく簡単に取り外せます。
水分が気になる様でしたらポンプとシリンダーの間に取り付ける水分除去用アダプターを使用すると良いかも知れません。
それから50人の装薬拳銃枠ですが、警察官や自衛官の選手が使用する省庁銃は枠外で、あくまでも個人で所持する装薬拳銃のみが対象です。とは言え現在、警察官で民間人と同様に日体協の推薦を受け日ラ会員として個人で銃を所持している方が装薬拳銃は15人位、
APは250人位います。
さて、ヘンメリーFP60の調子はいかがでしょうか?
大き過ぎるグリップでの出発は大変だったでしょうね。
私のFP歴はヘンメリー150を10年、ヘンメリーFP10に買い換えて6年程になります。その間にCP、RFPも経験しそれなりに堪能はしましたが、やはり私の内では究極の精密射撃であるFPを撃っている時が最もワクワクドキドキ興奮します。

投稿: ヒットマンJr. | 2007年1月16日 (火曜日) 02時14分

カナリアさん、
考えてみればそうですね。ダブルアクションでしょうね、、、私にはできそうにないですが。

ヒットマンJr. さん、
はじめまして。
ヘンメリーですが、調子は悪いです、、、。
昨年の初試合の時には故障して使えなくなりました。銃砲点で見てもらったら、(よくは分からないのですが)バネがネジ穴に入り込んで動かなくなっていた、云々の説明でした(泣)。
しかも、未だにグリップに泣かされております。
しかし、ヒットマンJr.さんはRFPも経験されているのですか!
私も考えていますので今後とも宜しくお願い致します。

投稿: てっぺい | 2007年1月16日 (火曜日) 03時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/13377126

この記事へのトラックバック一覧です: 冬季DSS大会:

» 艦砲射撃 [艦砲射撃]
無料ダウンロードゲーム艦砲射撃について語るブログです。「甲・改」「烈」しかやったことがないですが、達人の方はお手柔らかに・・ [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火曜日) 09時38分

« 今年の抱負 | トップページ | for RITZ/岡崎律子 »