« アルフィーコンサート | トップページ | 冬季DSS大会 »

今年の抱負

新年明けましておめでとうございます。本年も引き続き宜しくお願い致します。

正月というのは意外とまったりしているものです。せっかくなので今年の抱負でも書いておきます。

まず、APはひとまず4段点をコンスタントに出せるよう頑張りたいと思います。機会があれば5段にも挑戦したいところです。

大会としては四季の全国大会に加えて、可能な範囲で大会に参加したいと思います。さらに可能であればどこかの大会に遠征したいと考えています。

また、7日にはデジタルピストルの大会に参加する予定です。今年は、こちらも機会があれば参加するようにしたいと思います。さらに、勝手が良ければマイデジタルピストルもゲットしたいと思います。

APS-CUPの方ですが、未だにAPS3が手に入っておりません。マルゼンさんどうしたのでしょうか。せっかく冬休みはAPS3で遊ぼうかと考えていたのですが・・・。まあ、いい加減な製品を発売されるよりはマシですが、いい加減なんとかしてほしいところです。こちらについては、今年はマスターが取れるよう頑張りたいところです。まあ、かなり難しいとは思いますが・・・。

ともかく、全ての面において2006年を上回ることを目指して努力して行きたいと思います。

|

« アルフィーコンサート | トップページ | 冬季DSS大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。

今年は『FPの道』も期待しています。

とりあえず冬季DSSからですが、楽しんで来て下さい。(^-^)

投稿: moco162 | 2007年1月 1日 (月曜日) 23時04分

moco162さん、こんにちは。今年も宜しくお願い致します。
FPへの道は遠く霞んで見えます。先日も署の方でお伺いしたのですが、「担当者がいないので分かりません・・・」でした。まあ、腕の方も怪しいので、まずは修練を続けたいと思います。
DSSの方は、解析など面白そうなので出来るだけ頑張っていきたいと思います。

投稿: カナリア | 2007年1月 2日 (火曜日) 14時01分

明けましておめでとうございます。

DSSの話が出ましたので、言って昔から気になってはいるもののできていない課題を。

たしか手持ちのAPを使ってPCにつないで解析するようなソフトが存在していますよね。
あれさえあれば、DSSより手軽でしかも実際に自分で使っているAPで撃てるので非常に便利だと思っています。
やってみたいのですが、ソフトを買ってもうまく作動させる自信が全くと言ってないので、手を出せずにいます。
このようなソフト、皆さん使ってられるのでしょうか。
撃発直前、撃発時、撃発直後の銃の動きも表示されるようで非常に興味があるのですが、、、。

投稿: てっぺい | 2007年1月 4日 (木曜日) 19時00分

てっぺいさん、明けましておめでとうございます。
てっぺいさんがご指摘のモノは多分「ノプテル」などのことかと思います。

http://members.jcom.home.ne.jp/sanwakanzai01/

これですと、自分の銃に取り付けて、各種解析ができるようです。残念ながら私は使用したことがありません。
デジタルピストルですと、自分の銃では撃てませんが、同じことがより高精度で出来るようです。また、ベース銃が同じであれば、かなり同じような条件で練習できそうです。少なくともLP10はあります。
最初にコストがかかりますが、それなりに普及してきたら考えてみたいと思います。

投稿: カナリア | 2007年1月 4日 (木曜日) 23時06分

カナリアさん、
ノプテルのサイト紹介ありがとうございます。
海外だとDSSが難しいので、ノプテル、よさそうですね。
少し本気で考えてみます。

話はそれますが、年末にクラブで設置されていた圧縮空気補充装置(とでも言うのでしょうか?)が調子が悪かったので、モリーニのポンプを購入してしまいました、、、。220ユーロ、今のレートだと3万4千円程度です(高い!)。
使い方についてなのですが、ご指導賜りたいのです。
ステイヤーのシリンダーだと一旦200気圧まで補充した後、メーター下にあるネジで水抜きをするとシリンダーの気圧まで下がってしまいます。
ですから私は一旦220気圧くらい入れてからそっとネジを開けて200気圧程度まで気圧を下げるようにしているんですが、こんなので水抜きできてるんでしょうか?
周りの人は水分なんかないから抜く必要はない、、、って言うんですが(ヨーロッパは湿気が少ないってことでしょうが、0%ってこともないですから、、、)。
ポンプのメーカーや、APのメーカーによっても使い方が微妙に違うようなのですが、もしお分かりであればコメントいただければ幸いです。

投稿: てっぺい | 2007年1月 4日 (木曜日) 23時52分

てっぺいさん、こんにちは。

ステイヤーのシリンダーだと一旦200気圧まで補充した後、メーター下にあるネジで水抜きをするとシリンダーの気圧まで下がってしまいます。

と言う意味がよく分からないのですが、これは空気充填装置の弁を開けると、大気圧まで下がるという意味でしょうか?

さて、水抜きですが、この件についてはTMV様のHPの「エアライフル」の「P70の整備」のページに記事がありますので参照されてはいかがでしょうか。
http://enjoy.pial.jp/~rifle/index.html

個人的には水抜きは現実問題としては不要ではないかと思っておりますが・・・。

投稿: カナリア | 2007年1月 5日 (金曜日) 00時04分

「これは空気充填装置の弁を開けると、大気圧まで下がるという意味でしょうか?」

そうなんです。弁を開けたままにしておくと大気圧まで下がってしまいます。使用説明書及び他の人に聞くとによるとメーカーによっては、弁を開けてもシリンダーの気圧は下がらないようです。


TMV様のHPの紹介ありがとうございます。参考にさせて頂きます。

ノプテルですがもし購入しましたらご報告します。

投稿: てっぺい | 2007年1月 5日 (金曜日) 02時10分

あけおめです
ノプテルは昨年何度か問い合わせをしたんですが、ナシノツブテなんで調べたところ、軍法執行官以外の一般販売やってないようです
取り扱ってる人のつてで見積もりとったら、60万円
あきらめて国友にリカの見積もりとったら16万円
悩ましい年末年始です

投稿: NOB | 2007年1月 5日 (金曜日) 06時33分

NOBさま、
ノプテル情報ありがとうございます!
60万、、、!ですか、、、。
既にあきらめモードに入ってしまいました。
16万でも多分購入はしないと思います。
5-6万円と考えていた私が甘かったようです。
そういう意味ではDSSはいいのかもしれませんね。

投稿: てっぺい | 2007年1月 5日 (金曜日) 17時40分

SCATTは使ったことがありますが、銃に取り付ける発光ユニット自体が数十グラムありますし、コードが繋がったままなので、ピストルだとかなりバランスが崩れますし、トリガーのセッティングによっては、センサーユニット(トリガーを交換する)が銃本体と干渉してしまうことがあるので、加工が必要になる場合がありますので、注意が必要です。 地元の協会にも分析装置があるので、機会があれば試してみたいですね。
DSSも自分の使っている銃と同じモノがあれば買いなんでしょうけどねぇ~(;^_^A  でも値段が高すぎですね。銃だけでなく標的も必要ですし・・・

投稿: moco162 | 2007年1月 6日 (土曜日) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/13290137

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の抱負:

« アルフィーコンサート | トップページ | 冬季DSS大会 »