« 東京都春季大会(HR40) | トップページ | 悲しいこと »

APS-3 ウエイト調整

フロントの軽さが気になるAPS-3ですが、鉛のシートで調整をしておりましたが、どうもバレル下のポンプに巻き付けると、アウターバレルを外すのに支障が出るようです。困った。そこでもう一工夫してみました。

何かいい物ないかいなとドイトへ。いろいろと物色してみますが、今ひとつ。仕方がないのでほどよいサイズのボルトとナット、強力両面テープを購入して参りました。

ボルトはステンレス製で約45g。ナットは1つで約15g。

ボルトに両面テープを貼り付け、APS-3のポンプ前面に貼り付けてみました。ボルトはケースに入る限界の長さとすると、ナットは3つまで付けられました。重量合計約90g。

先端に付けましたので、ある程度効果はありそうですが、まだ今ひとつ。そこで、ポンプ手前に邪魔にならない範囲で鉛シートを付けました。ボルト、ナットと併せて約100g。まだ、足りない感じもしますが、しばらく試してみようと思います。個人的な感覚では、200gくらい重りを付けてもいいように思えます。

ただ、正直なところ見てくれは最低です。やはり趣味のもの、ある程度格好も考えたいところですが仕方がないところかもしれません。金属加工技術があれば、適当なステンレスを削って、ポンプ前部にクランプするパーツを製作したいところですが、技術も設備もないカナリアには無理なお話です。どこかのショップでカスタムパーツとして出してくれたら嬉しいのですが・・・。

|

« 東京都春季大会(HR40) | トップページ | 悲しいこと »

APS CUP」カテゴリの記事

コメント

金物屋に図面書いてたのむと作ってくれますよ
要求精度もそんなに要らないでしょうから、費用も知れてるでしょうし

投稿: NOB | 2007年4月 3日 (火曜日) 06時37分

なるほど、確かにそういった方法がありますね。ただ、図面を書く能力とツテがなさそうです。(^^;

自分で思うがままのパーツを作成して使用すれば、かなり効果的そうで興味があります。また、いろいろとお教えください。

投稿: カナリア | 2007年4月 4日 (水曜日) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/14483733

この記事へのトラックバック一覧です: APS-3 ウエイト調整:

« 東京都春季大会(HR40) | トップページ | 悲しいこと »