« BB初撃ち | トップページ | AP更新 »

長崎佐世保散弾銃乱射事件

先日発生しました散弾銃乱射事件について、少しだけ書きます。本ブログでは、基本的に時事関係については書かないことにしておりますが、今回は銃が関わってもおり、書き記しておくことに致しました。

まずは、亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると同時に、負傷された方々の一日も早いご回復をお祈りいたします。

今回、正規に所持している散弾銃において殺傷事件が発生したことは、あまりにも残念でなりません。犯人に対して、強い怒りを感じます。近年、これほど頭にきたことはありません。何のための正規所持であったのか。講習を受け、試験に合格し、加えて教習射撃や繰り返しあったはずの警察での面談でも安全に関する教育がなされたはずです。事故ですら許されないところを、銃を用いて人を殺傷するなど、まったくもって考えられません。

今回の事件で犯人は、いろいろなものを人々から奪いました。被害者の人命や健康、そして射撃をする人々の信頼です。

本日の新聞の記事を見て、やはりという思いを抱きました。全国紙の記事では「なぜこれほど銃所持が容易だったのか。今こそ銃規制を強化し、銃犯罪と決別を」とありました。銃を持たない方々から見れば仕方がないことかもしれませんが、ある意味残念でなりません。

標的射撃の世界では、安全への配慮は極めて厳しく行われており、事故などが起こる可能性は極めて低いと考えられます。それは一見異常なほどの配慮がなされておりますが、その結果として、標的射撃において事故などは起こっておりません。射撃はルールを守っていれば、とても安全なスポーツなのです。

しかしながら、今回のように誤った使い方をすれば、大変な凶器となってしまいます。確かに、銃は人を撃つためにも発展してきた歴史がありますが、正しく使用すれば素晴らしいスポーツのための道具でもあります。

今後、この素晴らしい競技を続けるためにも、今以上に安全への配慮を続け、銃を持たない方々へもその存在意義をお伝えするよう努力することが必要だと考えております。

今回の犯人がどのような方で、どのような審査の結果、所持許可を得たのか分かりません。ただし、今回のことがきっかけとなって、今後、所持許可が極めて厳しくなり、正しく使用する人々に対してそれを強力に妨げることがないことを祈りたいところです。ただし、不正使用や密輸銃などに対しては、今まで以上に厳しく取り締まりを行い、銃による事故や犯罪のない社会にする必要があると考えます。

今回の事件は、あまりにもひどいものであり、一人の射撃人として、あまりにも残念であり、あまりにも腹立たしく感じ、やり場のない怒りを書き記しました。適切な銃規制とその運用、安全教育などの結果、銃による事故・犯罪が根絶されることを祈って。

|

« BB初撃ち | トップページ | AP更新 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんてゆ~か、こうゆうふうにくくっちゃまずいかもしんないけど、九○地方とか西のほうって、許可銃の犯罪多くないかしらw
いや、あくまで個人的感想ですが・・・

投稿: NOB | 2007年12月16日 (日曜日) 17時37分

お久しぶりです。
私はこの事件をニュース速報で聞きました。
犯人が自殺したと聞いた時、私の頭の中は「・・・・・・!!」という感じでした。
事件解決の前に犯人が自殺してしまうのは最悪なケースの一つですよね。
これは私の推測にすぎないのですが、犯人ははじめから自殺する気でいたのでしょう。そして、同級生を道連れにするつもりで撃ち殺し、その後に自ら命を絶った、と考えられます。
銃を持っていたらそれ以前に銃刀法違反で捕まりそうだな・・・、とも思いますけど、許可を得られればいいんですよね。

(射撃が好きな方には申し訳ないんですが)私はたとえ所得許可を得られたとしてもこうゆう物騒なものは持ちたくないですね(汗)。勿論、日本刀だって持ちたくありませんよ。
でも、持っていたらそれはそれで撃ってみたくなりそうな感じもしますがどうなんでしょうかね。

投稿: NK | 2007年12月16日 (日曜日) 21時43分

NOBさん、こんにちは
うーん、そういった地域差があるのでしょうか。あるとすれば、その地域の担当の方には、少し考えていただきたいところです。適切な所持許可のあり方、難しいところです。

投稿: カナリア | 2007年12月16日 (日曜日) 22時41分

NKさん、こんにちは
今回の件、犯人を許す余地は全くありません。加えて犯罪後に自殺、最悪です。友人を道連れとすれば、もう言葉もありません。
一般的に言って、銃は社会的に不要な存在だと私も思います。だからこそ銃所持者は最大限の安全管理が求められるのですが、今回のようなことがあると無力感さえ漂います。
なお、銃は撃つためにあります。私は標的射撃のためにのみ所持しておりますので、的以外は撃ちませんし、撃ちたいとも思いません。銃を持つのは射撃のためですが、これをもって人などを撃つという行為は全く別次元のことだと思います。通常、考えられないことです。
銃所持者の一人として、これからも可能な限りの安全運用を心がけるつもりです。

投稿: カナリア | 2007年12月16日 (日曜日) 22時51分

ここ数年、正規所持銃による事件・事故が起きている事を考えると、これから先銃刀法の改正に向かう可能性が高いかもしれませんね。

正規所持者は自分の置かれている立場を理解して、行動していかなければなりません。

投稿: moco162 | 2007年12月16日 (日曜日) 23時47分

政治家のコメントなどからも、どうやら銃規制強化で動き始めたようですね。早速、警察の方から春の銃器検査の前倒しとお聞きしました。どこまでいくのやら・・・。

投稿: カナリア | 2007年12月17日 (月曜日) 22時15分

マスコミの論調だと「簡単に手に入る」という話になっててそりゃ違うと思ったけども・・・
考えてみりゃそうなんですよね
扱いわからないやつが思いつきで書類そろえて条件がクリアできれば案外あっさり持ててしまう。
銃口の向きも配慮しない輩が射場や猟場にお気楽に入ってキケン極まりないです。
許可を出す側はその辺の教習を対象者がイヤになるくらいみっちり行う必要があるはずですし
許可を受ける側はそれこそ体で覚えるくらい扱いに習熟する義務があるとおもいます。
誤解を恐れずに書くとたとえ猟銃・競技銃であろうと「元をたどれば武器である」という認識のもとで所持者は覚悟を常に持つべきかと思います。

銃は不要だとは思いません。本当に不要であるならばとっくに絶滅しています。
絶滅どころか進化を続けています。
であるならば存在を認めていったいどういうものであるのかということくらいは知識の片隅に置いていていいんじゃないでしょうか。

投稿: えむ | 2007年12月18日 (火曜日) 09時06分

犯罪に銃を使われるのはとても残念です。
相変わらずのマスコミの吊るし上げはともかく、
順法精神で、マナーに厳しく射撃・狩猟をしている人がほとんどです。 射撃場より行き帰りの高速道路の運転マナーの方がよっぽど怖いです。一日平均17人くらい死者を出している交通事故の免許制度の方が私には疑問です。スピード違反・飲酒運転、一時停止違反など気にかけない風潮。エコ、環境問題、エコカーといいながら車を減らそうとしない、言わないマスコミ。 
私はスポーツ射撃をするようになってから正しい運転に努めるようになりました。

投稿: 車嫌い人 | 2007年12月18日 (火曜日) 17時05分

えむさん、こんにちは
私は、かなり遅れて射撃を趣味としました。が、これほど楽しいものはないと今は思っています。故に、今後銃規制が厳しくなって、射撃を続けることが困難になることは、できればあってほしくありません。射撃ができない人生の、なんと寂しいことでしょうか。
ただし、それでもなお銃は大変な凶器になることを自覚し、多くの方々のご理解の上、所持をさせていただかなければならないとも思います。
今回の事件は、本当に残念でなりません。

投稿: カナリア | 2007年12月18日 (火曜日) 20時02分

車嫌い人さん、こんにちは
私は、車の免許を取るのが、とても遅かったくちです。いろいろな理由がありますが、その一つが、「もし人を殺めてしまったらどうしよう」という不安でした。正直、免許を取るまで本当に心配でした。その後、車に乗るようになって、車を運転することの楽しさに目覚めました。
とは言え、それでもいつも車の運転は不安です。運転が終わる度に、「今日も事故がなくて良かった」とホッとしています。
この世にあるもの、多かれ少なかれ危険があります。存在意義とのトレードにおいてメリットが上回っている限り存続が許されると思います。射撃が今後も存続できることを願ってやみません。

投稿: カナリア | 2007年12月18日 (火曜日) 20時08分

カナリヤさん、こんにちは
私も運転は好きです、車を運転する人のマナーの悪さが嫌いなんです。一時停止を停止線で止まると追突されそうになったり、車間距離を保って走っていると前にどんどん入ってこられたり、2車線が先に行くと1車線になるとき強引に直前で入る車、日本人の謙虚な物腰・マナーがどんどん悪くなってきてます。今のところ射撃場ではマナーの悪い人に有った事はありません。一つ一つ安全・りマナーを守り、射撃をすると気持ちが落ち着きます。射撃以外のところでもこのようにできたらと心がけていくつもりです。

投稿: 車嫌い人 | 2007年12月19日 (水曜日) 14時45分

車嫌い人さん、こんにちは
確かにいかがなものかという運転に出会うことがありますね。マナーの悪さは事故につながります。車も大変な凶器になりますので、ドライバーのマナー向上を期待したいところです。が、それが叶わないが故の道交法の厳罰化なのだと思います。結果として飲酒運転は激減のようですし。同様な流れが銃にも来るのだと思います。残念です。

投稿: カナリア | 2007年12月19日 (水曜日) 19時20分

カナリアさん、
お久しぶりです。ただいま一時帰国です。
最近日本で銃に関する事件、事故が多発というより乱発しているので驚いています。
ある意味規制強化は仕方がないのかもしれません(本当に残念なことですが)。
銃の扱いは実際非常に微妙で長年やっている人でも、(事故が起こる起こらないは別にして)やってはいけないことをしてしまう人を良く見かけます。
かく言う私もコーチが来たときの訓練で、
「みんな銃を持って外に出てください」
と言ってみんなでゾロゾロ外に出て行ったとき、不意に銃口を向けてはいけない方向にほんの一瞬向けてしまい注意を受けてしまったことがあります。弾も入れてなくコックもしてなかったのですが、それでも「やってはいけない」ことには違いありません。
「ほんの不注意でダレであっても事故を起こす可能性はある」ということを十分に自分に言い聞かせた上で、毎回真剣に銃を扱う必要があると言い聞かせています。
とにかく世間の目が銃を批判しているのは明らかだと思います。そのことを認識しておくことも重要だと思います。
それにしても、一部の心無いひとの振る舞いでマジメなひとが迷惑するという図式は、いやなものですね。

投稿: てっぺい | 2007年12月21日 (金曜日) 01時29分

お帰りなさい、てっぺいさん
ここのところ事件や事故が続いていて、何ともいたたまれない気分です。どんなベテランでも、ついうっかりというのはありますので、安全な取り扱いの完全なる習慣化が必要なのだと思います。射撃をあまりご存じない方からもご理解をいただけるよう、シューターは可能な限りの配慮が必要なのだと思います。ともかく今回の事件は残念でなりません。

投稿: カナリア | 2007年12月21日 (金曜日) 22時14分

ご無沙汰しております。この様な事件銃での事件は沢山過去にも起こってきました。本当に亡くなった方のご冥福をお祈りすると共に、怪我をされた方のご回復と関係者の方の精神的なご回復をお祈りいたします。以前にもBB弾での車に乱射事件でトイガンの規制が施行され、トイガン愛好家には厳しい状態に追いやられ、トイガン愛好家と言えば、人を撃つ、車を撃つ等と騒がれたものです。私は精密射撃愛好家でもあり、APS大会に出場するのが目標です。そして、クレー射撃もはじめようと、家族、知人等にも話しをしていたのに、この事件で、全てが終わりです。人命を奪い、それに、現状クレー射撃等をされている方や、これから始めようとしている人には本当に悲惨な事件です。どの様な事でもそうですが、一人の人が決められた事を守れないから、それに見ている周りの人が「そうか、守らなくてもいいんだ」等と勘違いしてしまい、法律が厳しくなってしまいます。100%決められた事を守れる人はいないと私は思います。どの様な道のプロでもミスや間違いはありますが、最低限のマナーを守ってこそ楽しく、厳しい練習にも絶えた結果が自分に返ってくるのではないでしょうか?
精密射撃を始めて数ヶ月です、ブログで色々な人に親切に沢山教えて頂きます。
今後、この様な事件が起こらない事を祈りたいと思います。

投稿: APSCUPチャレンジャー | 2007年12月22日 (土曜日) 13時20分

APSCUPチャレンジャーさん、こんにちは
今回は考え得る限り最悪の事件でした。現在、銃所持を目指している方にとっては、非常にタイミングが悪いことと思います。今後、どの程度の規制がとられるか分かりませんが、あきらめないで頑張っていただきたいと思います。私も粛々と練習に励み腕を上げたいと考えております。

投稿: カナリア | 2007年12月22日 (土曜日) 22時33分

カナリア様 おはようございます。銃愛好家の方は特に最悪なパターンでした。これで断念するのか、しないのか?多くの人が考える事になるはずです。
 文書の最後になりましたが、サイドバーの変更と、ブログへの書込みありがとうございます。
 私も来年のAPS大会に向けて頑張りますので、今後ともご指導宜しくお願い致します。

投稿: 精密射撃初心者 | 2007年12月23日 (日曜日) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/17375727

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎佐世保散弾銃乱射事件:

» あんなに身近な場所で・・・ [イニシャルA]
佐世保乱射事件、犯人37歳男は銃で自殺 被疑者死亡で書類送検へ(産経新聞)  長崎県佐世保市名切町のスポーツクラブ「ルネサンス佐世保」で 男が散弾銃を乱射し2人を射殺、... [続きを読む]

受信: 2007年12月15日 (土曜日) 23時41分

« BB初撃ち | トップページ | AP更新 »