« 銃器一斉検査 | トップページ | 陰日向に咲く »

ミリタリースリング

昨年末に始めた大口径ライフル射撃ですが、バイポッドばかりでもどうかと思い、ミリタリースリングを使用した伏射にも挑戦することにいたしました。とは言え、まだ撃ちには行っておりませんが・・・。(^^;

Belt バイポッド委託射撃では、カテゴリー上ベンチレストのハンタークラスにしか出場できそうもありません。それでは寂しいので、日ラのBB射撃においてハンタークラスに適合できるよう、スリングを購入してみました。幅1インチの革製のようです。

購入時、お店で組み立て方を教えていただいたのですが、いざ家に帰ってやってみると、なかなか難しい・・・。正直、知恵の輪のようです。まあ、何とか組み立ててみました。もし、間違っていたらお教えください。(^^;

これをライフルに取り付け、輪を腕に通して構えてみました。結構つらいですね。10分間も耐えられないような気がします。また、長さなどをかなり調整しないと、まともなポジションをとることは難しいかと思いました。

ショップでは、競技銃でもないと、まともなポジションは無理とのアドバイスをいただいておりましたが納得です。ハンティングライフルでは、そこそこのところで我慢するしかなさそうです。まあ、そんなところからもクラス分けがなされているのでしょう。

射撃コートを着用するつもりはありませんので、これで撃ってみようと考えております。なかなか時間の調整ができず、今度はいつ撃てるのか分かりませんが、何とか早く撃ちたいものです。きっと当たらないんだろうな~。(^^;

PS.いつの間にかアクセス数が15万件を超えていました。毎度、こんなマイナーな内容ながら驚きます。何とか頑張って、今しばらく続けられたらと思いますので、どうか宜しくお願い致します。

|

« 銃器一斉検査 | トップページ | 陰日向に咲く »

射撃」カテゴリの記事

コメント

スウィベルを既存より手前に付けて、スリングを目一杯張れば、かなり楽になると思います
お試しくださいw

投稿: NOB | 2008年1月29日 (火曜日) 22時25分

所謂ISSFルールで行われるライフル射撃競技ですと、スリングはコートに連結されハンドストップと相俟ってプローン時には殆ど筋肉を使わないで銃を保持出来ます。
しかし、ハンティングライフル競技のような銃の形態とスリングの組み合わせですと、そうは行かずなかなか苦労するところだと思います。

このハンティングライフル競技と言うのは日ラ独自の国内競技なので国際ルールというものがなく、過去ルールがコロコロ変更されています。
現在のハンティングライフル競技ではスリングは輪状にした部分を左腕(右利きの場合)上腕部に固定して残った部分を銃床尾にスウィベルで連結されていればOKとなっています。
以前は米軍の兵士がやっているようにスリングは銃を持ち運び出来る状態で取り付けて単に左腕に巻きつけるだけでした。
これだと保持には筋肉を使わないと無理で、スリングは単にそれを助ける程度にしかなりません。
今のルールだとフリーライフルとまでは行かないものの、かなりそれに近い状態で据銃出来ると思います。
私も昔レミントンでオリジナルストックとカナリアさんが今回購入したのと同じタイプのスリングで、プローン射撃をやってみた事がありますが、連続では20発撃つのがやっとでした(^^ゞ
フリーライフルでのプローンなら60発の試合で試射10発込み計70発を1時間ちょっとで撃ちますが、この間伏せっぱなしで行けます。

あ、そうそう、上記のハンティングライフルのスリング使用法(輪状にしたスリングを腕に固定する)は射撃コート着用でないと難しいです。
固定する為のベルトがあるのですが、コレがないとずれてしまいますので。
全日本のハンティングライフル競技の試合を見てもコート着ないで撃ってる人は見た事ありません。
まぁこれも買うと結構高いので、強くはお奨め出来ませんが、ポジション射撃を本格的におやりになるのでしたらコートは必需品です。
当たる当たらない以前に体がしんどいですよ。

投稿: クラブレイン | 2008年1月31日 (木曜日) 00時52分

NOBさん、こんにちは
アドバイスありがとうございます。少し工夫しながら調整してみます。

クラブレインさん、こんにちは
いつもアドバイスありがとうございます。正直なところ規定もよく分かっていないので、しばらくは練習をして、ある程度慣れたところで所属支部の大会に参加させていただく予定です。
アドバイスからはやはりコートを着て射撃を行うべきとは思いますが、そこまでいくならばいっそのことSBを真面目にやってみたい気持ちもあります。しかし、当面はAPを頑張る予定でもあり・・・。正直なところBBは、ちょっと中途半端な状態になりそうで、何をどのレベルまでやるのか考えなければならないと思います。
また、いろいろとお教えください。

投稿: カナリア | 2008年1月31日 (木曜日) 21時22分

まぁ普通はAR→SB→大口径って順番ですからね。
日本全国で見てもHR、あるいはAPの段級だけで大口径ライフルの推薦を引き受けるのは数少ない県の一つかもしれません…。
今のカナリアさんの状態は極端な例で言うと、AP経験ゼロのままセンターファイアピストルを撃ち始めたような物なので、戸惑うところも多いかと思います。

射撃競技に対する姿勢的なもので言うと、カナリアさんが仰られている通り、APをメインとしてライフルの方は楽しまれると言う方向で宜しいのではないでしょうか?
特にカナリアさんはピストル射撃の才に恵まれた方ですので、本来の競技種目に影響が出たのでは元も子もないと言う気もしますので…。

あ、そう言えば例の事件で自宅保管から共同保管への要請なんて話が持ち上がりましたが、これを逆手に取って装薬ピストルの所持を進める…なんてのはどうでしょう?
今ちょうど考えてたとこなんですよ~、ついでにフリーピストルの方もお願いしますわ~、なんちゃって。
まぁ無理でしょうね^^;
変な事言ってすいません(^^ゞ

投稿: クラブレイン | 2008年2月 1日 (金曜日) 00時42分

クラブレインさん、こんにちは
まさにご指摘のたとえ話の状態かと自分でも思います。SBを経ずにBBは、確かに無謀なところもありそうです。
ところで、共同保管制度を逆手にとったそのお考え、「素晴らしい!」の一言です。万が一、そうなった場合には、もう一度FPに挑戦してみたいと思います。(^^;

投稿: カナリア | 2008年2月 1日 (金曜日) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/17889161

この記事へのトラックバック一覧です: ミリタリースリング:

« 銃器一斉検査 | トップページ | 陰日向に咲く »