« 陰日向に咲く | トップページ | AP練習 »

ネックリサイズ

購入したカートリッジですが、よく見るとネックの部分が微妙に変形しているものがあります。中には明らかにへこんでいるようなものまであります。はじめ、あからさまなモノだけでも除こうかと思いましたが、その線引きが難しくせっかくなのでリサイズをかけることにしました。

フルリサイズしてもいいかと思いましたが、ネック以外特に問題はなさそうなのでネックリサイズをしてみることにしました。

Dice RCBSのネックリサイズ用を単品で購入する場合と比べ、ほとんど同程度の金額でしたのでレディングのダイスセットを購入しました。フル、ネック、シータすべて入っています。

ネック部分にオイルを付けてネックリサイズをすると、確かに綺麗になります。ただ、今回も思ったのですが、やはりカートリッジごとに堅さがかなり違います。多分、ネック部分の金属の厚さの違いに起因しているのでしょう。まあ、現状そこまで気にしても仕方がないでしょうが、今後コンペティションネックダイの使用も考えてみたいと思います。

ともかく、約200個のカートリッジのネックリサイズをしてみました。結構疲れました。(^^; まだまだ分からないことがいっぱいありますが、少しずつ勉強していきたいと思います。

|

« 陰日向に咲く | トップページ | AP練習 »

射撃」カテゴリの記事

コメント

だんだん深みにはまっていきますなぁ~w

投稿: NOB | 2008年2月 4日 (月曜日) 12時55分

NOBさん、こんにちは
まだまだ先は長く、奥が深そうです。凝り性の私には向いているかもしれません。(^^;

投稿: カナリア | 2008年2月 4日 (月曜日) 21時06分

カナリアさん、こんにちは。
え~、どうでもいい事ですが、カートリッジと言うのはブレット、パウダー、プライマー全部装着された状態の事を指します。
薬莢だけの状態はケースですね。
重箱の隅をつつくみたいで恐縮ですが…(^^ゞ

レディングのコンペティション・ダイと言うのは以前私が書き込んだブッシングが別パーツになっている奴ですね?
これだと同じネックサイジングでもへこんだネック部の矯正は出来ませんのでご注意を(ご存知だと思いますが)。

薬莢の厚さの違いはメーカーによって異なりますが、ノルマあたりは結構均一ではないかと思います。
それ以上を望むとなるとネック・ターニングでもするしかありませんが、308ではそこまでする必要は薄いと思います。
買って来たまんまのケースでリロードしても1/2MOA位、悪くても3/4MOAはいけます。
薬莢の良し悪しは割りと重要で、以前1発100円の実包の薬莢を使ってリロードしてみたところ、通常の数倍のグルーピングになってしまった事があります。
まぁレミントン、ノルマ、フェデラルあたりなら間違いはありませんけどね。

投稿: クラブレイン | 2008年2月 4日 (月曜日) 23時10分

クラブレインさん、こんにちは
ご指摘ありがとうございます。そうか薬莢はカートリッジとイコールではないのですね。
あと、レディングのコンペティション・ダイはご指摘の通りブッシングが別パーツになっている奴です。しかし、ネックの矯正はできないとは知りませんでした。うーむ、難しい・・・。購入は当分先になるでしょうが。
薬莢はノルマのを購入したかったのですが在庫がなくレミントンになりました。まあ、当面、私の腕では何ら問題はなさそうです。

投稿: カナリア | 2008年2月 5日 (火曜日) 21時29分

カナリアさん、こんにちは。
ネック部の矯正とはネックの内側と外側をリサイズする必要があります。
内側にへこんだ箇所と外側へ広がった箇所の両方を矯正しないと正しいネック形状になりませんからね。
コンペティション・ダイのネックサイジングのブッシング部と言うのは外側から必要最小限の大きさに締める役割しか果たしません。
逆に言うと、それだから意味があるとも言えます。
プレスに着ける通常のネックサイジング・ダイはハンドルを上げてダイの中に薬莢を入れた際に必要以上にネックを締めて、ハンドルを下げる際には既に薬莢の中に入っているエクスパンダーボール(ディキャッピングピンがついてるパーツ)が今度は内側からネックを広げます。
この工程によりネックの外側内側両方向から矯正されて正しくリサイズされる訳ですが、金属の疲労度は大きくなり、回数ごとに薬莢の伸びも大きくなります。
それでも自動銃だと否応なくフルリサイジングをかけなければなりませんが、薬室に1発づつ装填して取り出すボルトアクションではネックの変形などまず起こりません。
そこでネックサイジングはネックの外側からだけ最小限度に締めるやり方の方が精度上からも薬莢の耐久性からも良い訳です。

という訳で、新品時の薬莢のネック部の矯正は通常のネックダイを使用、精密射撃時のリローディングにはコンペティション・ダイを使用、と言うのが良いでは…と思います。
通常のネックダイ、あるいはフルリサイジング・ダイを使ってリロードしても何ら不都合は生じませんが、銃の持つ性能を少しでも発揮させようとすると(集弾性能上の)、セオリーとしてはこんなところです。

投稿: クラブレイン | 2008年2月 6日 (水曜日) 20時05分

クラブレインさん、こんにちは
いつもありがとうございます。非常によく分かりました。普通にはなかなか、そういったことが分からず、本当に助かります。今度、コンペティション・ダイもゲットしてみたいと思います。ともあれ、もっと撃ちに行きたいものです。ひとまず中旬に予定されている立ち入り検査をクリアしてから、気持ちよく行きたいと考えています。

投稿: カナリア | 2008年2月 6日 (水曜日) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/17937774

この記事へのトラックバック一覧です: ネックリサイズ:

« 陰日向に咲く | トップページ | AP練習 »