« 旅行 | トップページ | ピンポイントシューティング »

目黒練習

久しぶりにAPの練習に行って参りました。ここしばらくはAPSやDSSなど、他の競技をしておりましたが、APへの復帰となります。

久しぶりに撃ってみるとやはりAPは撃ち味がいいです。何となく気持ちよく撃つことができました。

落ち着いて撃てば、それなりに集弾し悪くありませんでした。姿勢の作り方とトリガーワーク、そして何より据銃安定性が重要なことを再確認しました。

今回は約120発を2時間半かけて撃ちました。まだ時間はありましたが、疲れたので終了。また、最近のAPSなどで位置を動かしてしまった射撃眼鏡を再調整しました。今まで、かなり上目遣いになるように調整していましたが、正面を普通に向くように直しました。どうも、こちらの方が安定性がいいように思えます。

来月からは都秋季大会などが始まります。全国秋季に向けて、少しでも調子を上げていきたいところです。

|

« 旅行 | トップページ | ピンポイントシューティング »

射撃」カテゴリの記事

コメント

毎回 カナリアさんの 注意点を 参考に<レベルが違うので>自分なりに 置き換えて 良い勉強させて いただいてますgood 暇があると 前の記事等で 勉強させていただいてます。では、秋季にscissors

投稿: 射撃組 | 2008年8月24日 (日曜日) 12時07分

射撃組さん、こんにちは
射撃を重ねることによって、必要なことや間違いがだんだん分かってくると思います。ピストルには正しい撃ち方はなさそうなので、自分なりの射撃をモノにすることが大事なようです。お互い頑張りましょう!

投稿: カナリア | 2008年8月24日 (日曜日) 19時48分

カナリアさんに質問があるのですが、APSを練習することによって、APの技術を向上させることができるでしょうか。カナリアさんのご経験上どうでしょうか。

投稿: シンシナティ在住の誠 | 2008年8月24日 (日曜日) 21時19分

ある程度までは「ある」と考えています。個人的にはHR時代は据銃練習はせず、専らAPSばかり撃っておりましたが成績は向上していきました。ただし、AP時代に入って、ある程度のところからは、グリップやサイトの違いが気になってしまい、あまり練習にはならないと感じています。残念ながら「弘法筆を選ばず」とまでは行けない感じです。

感じとしては、許容範囲が広く、グリップやトリガーなどの違いに違和感をあまり感じない方であれば十分練習になると思いますが、わずかな差が気になる場合は難しいでしょう。

投稿: カナリア | 2008年8月24日 (日曜日) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/42248890

この記事へのトラックバック一覧です: 目黒練習:

« 旅行 | トップページ | ピンポイントシューティング »