« 長野旅行 | トップページ | 目黒練習 »

長瀞練習(姿勢の検討)

思い立ってAPを撃ちに長瀞に行って参りました。

前回の試合でインラインを放棄してオープンでいくことを決めたので、その検証をしてみました。約3時間をかけて150発ほど打ちました。

結果としては、たまたま調子が良かったのかもしれませんが、久しぶりにとても気持ちよく撃つことができました。オープンにすることによって、据銃安定性がどの程度低下するかが心配でしたが、腕の疲れが無い内は、あまり問題とはならないようです。むしろトリガーワークの方が重要に感じました。また、確かに100発を越えて疲れてくると、据銃安定性が低下することを実感しましたが、腕の脱力をすることによって、それなりの安定性を維持することができました。内的姿勢の取り方の重要性も再認識しました。

ここ最近は、10点を続けることや、自分の予測先に弾痕を確認することが少なくなっておりましたが、今回は極めて安定した射撃をすることができました。いつも、このくらい撃てれば嬉しいのですが、さてさて。catface

オープンスタンスはインラインと違って幅があり、どの程度オープンにすべきか検討してみました。感じとしては、ややオープン気味の30度くらいがいいようで、完全なオープンでは、さすがに安定性が大きく低下しました。逆に、インラインを試したところ、やはり姿勢の苦しさからか、安定性が逆に低下し、一番いい角度があるように思えました。

これまで、インラインが最も安定した射撃には理想的なことから、なんとか頑張って来ましたが、どうも自分には無理があったようです。やはり、自分の体に合った姿勢をいかに構築するかが課題かと思います。また、これからも常に最適な姿勢を確認しながら射撃をしなければならないと思います。

しばらく試合がないので(来週の目黒などの試合は申し込み期限切れでした・・・)、もう少し練習して次回の大会に臨みたいと思います。頑張ろう。

|

« 長野旅行 | トップページ | 目黒練習 »

射撃」カテゴリの記事

コメント

カナリアさんほどの 実績の方が フォームを変更するのは 勇気が必要ですよねsign02
でも、とても良い結果の用で 流石ですgood

私も、基本をふまえて 早く安定して フォームをみつけたいですwobbly

投稿: 射撃組 | 2008年9月21日 (日曜日) 19時54分

個人的な意見ですがスタンスの角度は、反動のないAPの場合は標的を正面に見ることが出来る角度、または正面と感じられる角度が良いと思います。

でもピストルの場合はスタンスひとつとっても難しいですね。

ベストの射撃を求めて邁進してください。

投稿: moco162 | 2008年9月21日 (日曜日) 22時39分

今日は乙でした
目黒の試合、射座に空きあれば今からでも大丈夫かもですよ

投稿: NOB | 2008年9月22日 (月曜日) 00時09分

射撃組さん、こんにちは

いえいえ、常に変え続けております。射撃動作の固定をしなければならないのに、なぜかすぐに変えたくなります。(^^; ただ、最適な姿勢は、それぞれ別だと思いますので、各自がベスト姿勢を探すことが重要だと思います。


moco162さん、こんにちは

どうも最近は、基本を忘れていたようです。もう一度、初心に戻って射撃を構築したいと思います。オープンで何とかなれば嬉しいのですが・・・。


NOBさん、こんにちは

親子で仲良く射撃、何ともほのぼのいたします。羨ましいです。大会ですが、決まりは決まりですので、次回にエントリーしたいと思います。ありがとうございます。

投稿: カナリア | 2008年9月22日 (月曜日) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/42545166

この記事へのトラックバック一覧です: 長瀞練習(姿勢の検討):

« 長野旅行 | トップページ | 目黒練習 »