« 目黒練習 | トップページ | HONDA F1撤退 »

弾作り

今度、長瀞にBBの練習に行く予定なので弾の作成を行いました。

今回、IMR-4064も手に入れたので、これを用いて弾作成をしました。作成した内容は以下の通り。

弾頭:シエラ 308-168gr HPBT(モリコート)

プライマー:CCI BR-2

IMR-4895  41.3gr(2600fps)

IMR-4064  41.5gr(2600fps)   43.4gr(2700fps)

前回、IMR-4895は、撃った感じが良かったので50発、IMR-4064は、まだよく分からないのでひとまず20発ずつ作成してみました。

前回撃った薬莢のネックリサイズもしようかと思いましたが、疲れたので今度まとめてすることにしました。catface

そこそこ慣れてきたのか、それなりに作成することができました。凝り出せばキリがなさそうなので、そこそこでいいかと思います。まずは射撃の腕の方が先でしょう。

スケジュールが良ければ、今年、この練習以外にもう一回くらい行ければ嬉しいのですが、無理そうならこれがBB撃ち納めになります。

あと、来週は目黒区選手権(AP)なので、こちらも納めになりそうです。ともかく頑張ろう。

|

« 目黒練習 | トップページ | HONDA F1撤退 »

射撃」カテゴリの記事

コメント

ライフルは ???? わかりませんが、凝りだしたらなんだか 奥が深そうですねflair
でも、その弾作りも 大口径の楽しみですねgood
カナリアさんなら 相当気合いの入った 弾を作るような気がしますが、突き詰めてはいかがでしょうか?

投稿: 射撃組 | 2008年12月 1日 (月曜日) 16時51分

4064は、反動マイルドです。弾頭155及び150であれば、データブック上、初速2800fpsまで上げられます。

300mを撃つのであれば、どの弾頭でも2700fps以上のスピードが宜しいそうです(#^.^#)

投稿: スタMasa | 2008年12月 1日 (月曜日) 20時10分

射撃組さん、こんにちは
とても面白そうなのですが、あまりにも奥が深そうです。現状、そこまでは無理そうなので、入り口から中を見ている状態です。APに終止符を打ったら考えてみようと思います。wink


スタMasaさん、こんにちは
アドバイス、ありがとうございます。シエラのデータだと43.4gr(2700fps)までしか記述がありませんので、これ以上は自己責任で詰めていくしかなさそうです。正直なところ、300mでは2700fps以上必要とは知りませんでした。もっと勉強します。catface

投稿: カナリア | 2008年12月 1日 (月曜日) 21時34分

◎カナリアさん

すみません、若干言葉足らずでした。
.308の場合、初速2800fpsを超えると、
銃身にかかる負担が大きく、銃身の寿命が短くなるそうです。
 以前、110HPで、3000fpsの弾を作ったことがありますが、山猫練習会の大先輩から、「.308で3000は飛ばし過ぎだな」とアドバイスをいただきました。

貧乏性の小生、今秋のクラブ対抗戦300mでは、155HP弾頭、IMR4895で42.6gr.、2600fps見当のリロード弾を使いました。
小生の技量で、3x40=999点、P60=554点でした。
 
初速2800...というのは、ある上級射手の方から受けたアドバイスでしたwobbly

また別の上級射手の方は、168HPで2700fps見当のリロード弾を使っておられました。
そういうことから、300mでは2700~2800がよろしいと思われます。
 

投稿: スタMasa | 2008年12月 1日 (月曜日) 22時17分

長瀞いいですね~happy01
練習楽しまれて下さい。
300mの射場にはあこがれます。私は150mまでしか撃ったことがありませんので…

あっ、私も使用済み薬莢のリサイズしないとcoldsweats02

投稿: ぱる | 2008年12月 1日 (月曜日) 22時22分

スタMasaさん、こんにちは
即座に追加情報ありがとうございます。個人的な印象としては、2700fps見当の弾は、少しきつい感じがしています。まだ、弾の精度より人間の精度の方が問題が大きいので、当分、安全圏で練習したいと思います。coldsweats01


ぱるさん、こんにちは
個人的には300mは本当に遠距離に感じます。人工的に造られた洞窟の中で撃っている感じですが、気分はスナイパーです。なお、弾作りをしていると専用の作業部屋がほしくなりますが、難しいところですね。catface

投稿: カナリア | 2008年12月 1日 (月曜日) 22時59分

妻の実家の牧場に行く度に、お父さんが鹿猟の話をしてくれます。アメリカでは今鹿猟の最盛期で、お父さんとおじさんがトンプソンコンテンダーのでっかい50口径ステンレス製マズルローダーで大物を獲ってきました。狩猟はしない小生ですが、アメリカの牧場でライフルと散弾銃の撃ち方を知らないと話にならないので、そろそろライフルを一本買おうかなと考えています。

投稿: シンシナティ在住の誠 | 2008年12月 2日 (火曜日) 10時24分

弾速計があんばい悪いので数値確認してませんが、ラプアの工場弾は155grで3000近く出ていると思います
シェラのデータどおりでは、どうやっても表示ほどのスピードが出てるとは思えません
30~40cmは着弾落ちますので、それ以上詰めるわけですが、さすがにキックが強い・・・
そこで、近々135grをG銃で仕入れるそうなので、これで速い弾を作ろうと思います
銃身命数は、競技銃であればしかたがないかなと考えてます
年間数百発しか撃たないわけですからw

投稿: NOB | 2008年12月 2日 (火曜日) 12時17分

誠さん、こんにちは
猟となるとかなりの大口径になるのかと思います。すごいな~とは思いますが、私は標的射撃で十分です。ともかく、せっかくのアメリカ、いいライフルを入手ください。


NOBさん、こんにちは
最初に撃ったのがフェデラル製の弾なのですが、かなりきつい感じがしました。まだ、ヘロヘロ状態なので、少しずつ慣れていきたいと思います。寿命については、現状の頻度では、これで一生モノになる危険性もあります。とは言え、推薦維持が危なくなりますので、来年は頑張って試合に出場したいと思います。catface

投稿: カナリア | 2008年12月 3日 (水曜日) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/43274579

この記事へのトラックバック一覧です: 弾作り:

« 目黒練習 | トップページ | HONDA F1撤退 »