« 全国秋季ピストル射撃競技大会 | トップページ | 弾作り »

目黒練習

久しぶりに練習に行って参りました。ここ最近、なんだかどう撃ったらいいか、よく分からなくなってきていたので、自分の射撃を整理するいい機会になりました。

目黒は射場全体が明るく、的もよく見えます。ちょっと明るすぎるかもしれませんが、比較的撃ちやすい射場です。

まずは淡々と撃ってみました。が、よくありません。サイトはしっかり見えていますが、10点率が低い・・・。あれやこれやと撃ってみましたが、まともに撃つと、ブレが大きい感じです。前回の射撃から考えて、トリガーワークが悪いのではないかと考えていましたが、どうも違うかもしれないと感じました。まあ、よくもありませんが・・・。

これも私の持病の一つなのですが、サイティング中にフォーカスが的の方に行ってしまうことがあります。そこそこサイトも見えているのですがダメです。的焦点では、大きく外してしまいます。本来、フロントサイトにフォーカスを合わせなければ、まともな射撃はできないのですが、どうしてもフォーカスが的に行ってしまうのです。

目が悪いのか、技術が足りないのか、気合いが不足しているのかわかりません。が、ともかくダメなのです。これを避けるために、黒点よりも大幅に下を狙っているのですが、すると当然のことですが、上下の位置合わせが微妙になります。また、朝霞などでは、的外にサイトが出てしまい、サイティングが難しくなることがあります。

そこで、何とかもう少し、本来のいい位置でのサイティングを実施すべく試行錯誤しておりました。結局、黒点上でサイティングして銃を下げ、黒点下適当なところで、さっさと撃発することにしました。

タイミング撃ちになる危険性がありますが、一旦は銃を止めます。ただし、長く止めているとフォーカスがおかしくなるので、チャンスはわずかです(1秒くらい)。

仕方がないとはいえ、今ひとつの撃ち方と思いますが、結果的に集弾性は悪くありません。現状、こんなところなのかもしれません。もう少し検討を続けて、少しでもまともな射撃ができるよう頑張りたいところです。

なお、12月に目黒区の選手権があるので、これに出場することにいたしました。本当にこれが今年の試合の撃ち納めになりそうです。ともかく、頑張ろう。

|

« 全国秋季ピストル射撃競技大会 | トップページ | 弾作り »

射撃」カテゴリの記事

コメント

今晩はo(^-^)o
フォーカスの事で最近気が付いた事があります、私も的に目が行っちゃうクセがあります、フロントサイトをよぉ~く見ようと努力しようとすると、ある時からフロントサイトが小さく遠くに見える(感じる)様になり弾着がばらつきます、その原因が私は隠している左目がマスターアイでこちらでもピントを合わせ様としているらしいのです、
試しに目を瞑って撃ったところ狙いやしく、グルーピイングも良かったです、ただ瞼の瞑り方(力の入れ方)によっても弾着が変わりますので、テープで貼っちゃおうか?とも考えましたが60発も片目じゃあねぇf^_^;

投稿: @銃男 | 2008年11月23日 (日曜日) 03時16分

私もフォーカスが標的にいく傾向にあります。

フロントサイトにフォーカスを合わせる為に(?)最近コルンの赤のサイトを付けてみました。現在は結構いい方向に働いているようです。


>@銃男さん 
マスターアイが反対側の方って結構いるんですね(゚0゚)

投稿: moco162 | 2008年11月23日 (日曜日) 10時40分

カナリアさま こんばんわ
ピストル射撃とAPSとの差が私には解らないのですが、ブルズアイ競技練習でどうしても、フロントサイトが震えてしまいます。フロントサイトを意識しなくてはいけないと思いながらもターゲットを意識しているせいでしょうか?1発撃つのに、数回は銃を構えて、下ろしての繰り返しです。その間、震えが止まる一瞬での射撃となり、他の方からもアドバイスをいただき試行錯誤中です。何か良いアドバイスをお願い致します。

投稿: 精密射撃初心者 | 2008年11月23日 (日曜日) 21時54分

銃男さん、こんにちは
私も同じです。マスターアイも左なのですが、仕方なく右で撃ってます。統計的にマスターアイを外した射手は、上位に行くことは難しいようなので苦しいところです。遮蔽板は標的のみを遮るギリギリで設定しています。もう少し上手くフロントサイトを見る訓練をしようと思います。

moco162さん、こんにちは
私も一応、赤サイト持っていてHR時代に試したのですが、うまくいきませんでした。APになって、少しは状況が変わっている可能性もありますので、今度検討してみたいと思います。

精密射撃初心者さん、こんにちは
震えの種類ですが、小刻みに早くでしょうか。それともゆっくりとでしょうか。後者であれば、無視していいと思いますが、前者であれば、腕に力が入っているのかもしれません。息を吐いて腕の力をスッと抜くと、不思議と震えが止まります。まずは、その感覚をつかんでみてください。さらに、その止まっている間(1~2秒)で下意識でのトリガーワークが綺麗にできると最高です。これはなかなか難しい。偉そうに書いていますが、私もなかなかできません。が、上手く撃てている時は、これができています。外的姿勢に加えて内的姿勢をいかにうまくつくるかが重要なようです。さらに加えれば、銃が動いているのは仕方がないことで、完全に止めるのは、現実的にはかなり難しく、ある範囲で動くことを許容した方が健全かもしれません。要はその動く範囲をいかに小さくできるかがポイントです。ただ、それを意識するとかえって銃が動くかもしれないので、あまり神経質にならないことも大事だと思います。

投稿: カナリア | 2008年11月23日 (日曜日) 23時12分

カナリアさま おはようございます
私の場合小刻みに早く、プルプルと震えるので、呼吸方法と力みすぎているのでしょうか?基礎をもう一度勉強して見直して、再チャレンジしてみます。勉強になりました。
まだまだ、解らないことばかりなので今後もご指導宜しくお願い致します。

投稿: 精密射撃初心者 | 2008年11月24日 (月曜日) 07時27分

精密射撃初心者さん、こんにちは

APでは、ある程度の握力でグリップを握る必要がありますが、強すぎると震えが出やすいようです。軽い脱力がいいと思います。

投稿: カナリア | 2008年11月24日 (月曜日) 19時49分

あれっsign02
カナリアさんって、左がマスターアイだったんですかsign03

私が射撃を始めた頃は、マスターアイに合わせるのが基本と教わりました。ARとAPでは若干違いがありますが、マスターアイを使って照準する方が良い結果出ると思っています。shine

スタイヤーではグリップの角度が調整できますから、一度マスターアイでの照準を試してみてはいかがですかsign02

>精密射撃初心者さん
グリップを決める際は強く押しつけた状態で、その後据銃に入る際はその強く握ったグリップの力を若干抜くようにします。但し力を入れる時も、抜く時もグリップ全体を均一に包み込むようにしないとヘンな方向に挙動が現れます。

私の場合は親指のロックが巧くいかない場合に良くプルプルという細かい揺れが現れます。

投稿: moco162 | 2008年11月25日 (火曜日) 00時51分

moco162さん、こんにちは

ご指摘の通り、利き腕ではなく利き目に合わせるのが基本のようですね。ただ、左腕ではとても撃てそうもないので、仕方なく右目で撃ってます。確かに左目で見た方が、よりサイトがくっきりしますし、とっさの照準ではつい左目に行ってしまいます。早撃ちは無理そうです。

左目照準で右腕で撃つことがうまくできれば素晴らしい感じですが、現状の照準状況では難しい感じですが、これも機会があれば挑戦してみたいです。

投稿: カナリア | 2008年11月25日 (火曜日) 21時34分

リンク社のオーダーフォームにも、利き腕と利き目が逆のグリップを想定していることからそのような射手が結構いると思います。

個人的には利き腕で持って、利き目で狙うのが一番良い結果がでると思っています。

投稿: moco162 | 2008年11月25日 (火曜日) 22時24分

こちらでも同じ問題(Crossdominant)で悩んでいる射手がたくさんいます。参考までに以下のサイトをご紹介します。

http://www.targettalk.org/viewtopic.php?t=13420&highlight=crossdominant

http://www.targettalk.org/viewtopic.php?t=19357&highlight=crossdominant

投稿: シンシナティ在住の誠 | 2008年11月25日 (火曜日) 23時12分

両手系ですが、埼玉のS北高は左目の子には右利きでも左撃ちを進めてます
目黒のO君もそこで右装備を全て左に変えて撃ってます
アメリカだかどこかの追跡調査では、利き目優先が有利とかいってるようですが、ワタシは利き手のトリガリングも捨てきれません
実際はどんなもんなんだか・・・

投稿: NOB | 2008年11月26日 (水曜日) 08時55分

私はショットガンは左に変えました、

でもどれ位を目指すかにもよりますが、
あまり変わらない(成績的に)様な・・・・・?
練習熱心じゃないから上手くならないのかも?
最近APで右目を使っているせいか?
前に比べて右目が強くなっていて、
トラップ射撃の時に左で構えているのに右目で狙っている時がありました(><)

投稿: @銃男 | 2008年11月26日 (水曜日) 13時26分

moco162さん、こんにちは
なんと、専用のグリップが存在するとは!ただ、左目+右腕射撃ですと、かなりのオープンスタンスか、猛烈に折れ曲がったグリップを使用するようになりそうで怖いです。bearing


誠さん、こんにちは
いつもありがとうございます。いくつか拝読させていただきました。やはり、それなりの項目になっているのですね。参考になります。


NOBさん、こんにちは
利き目の重要性はあると思うのですが、私も利き腕の利点も無視できないと考えています。時折、左で構えてみますが、とても右腕レベルの据銃力を出せそうもないと感じています。


銃男さん、こんにちは
トラップのような早撃ちの世界では、利き目が重要に思えます。ただ、利き目は矯正可能という話も聞いたことがありますから、訓練次第ではなんとかなるのかもしれませんね。

投稿: カナリア | 2008年11月26日 (水曜日) 21時28分

>猛烈に折れ曲がったグリップ・・・
そうですね。グリップの取付角度で調整しようとすると、基準箱に入らないかもしれませんね。

グリップを真っ直ぐ握って据銃しその状態のまま右目を瞑ると照準線がリアサイト本体の左端まで移動しますから、試合で使用するにはやはりグリップを交換するしかなさそうですね。

投稿: moco162 | 2008年11月27日 (木曜日) 07時49分

moco162さん、こんにちは

現状でも、既にかなり曲がっている私のグリップは、情けないほどに削り混まれています。そうしないと基準箱に入らない・・・。私はモリーニ使いにはなれそうもありません。catface

投稿: カナリア | 2008年11月27日 (木曜日) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/43192762

この記事へのトラックバック一覧です: 目黒練習:

« 全国秋季ピストル射撃競技大会 | トップページ | 弾作り »