« 全日本社会人ライフル射撃競技選手権大会(AP60M) | トップページ | 車 »

AP練習(+近況)

久しぶりにAPの練習に長瀞まで行って参りました。行きは関越が渋滞。どうやら故障車に起因してのようでもありますが、ともかくひどいものでした。いつもより1時間余計にかかりました。

本当に久しぶりでしたので、まずは粛々と弾出しをしました。やはり安定性も今ひとつ、いや今二つくらいに当たりません。そして、射座の関係もありますが、いつもの長瀞病で、サイトがかすんで見えませんでした。レンズを替えたり、アイリスをいじったりしましたが、どうしてもフロントサイトがかすんで見えず、照準がずれてしまいました。よほど慎重に撃っても、平気で大外しをします。困ったものですが、解決は難しそうです。

まあ、悩みは続きますが仕方がありません。据銃とトリガーの練習は必要なので、約2時間かけて120発ほどを撃ちました。

サイトが見えないながらも、ある程度の集弾を確認して終わりにしました。

これからまた、大会シーズンが始まりますので、少しずつコンディションを戻していきたいと思います。可能な範囲で実弾練習を繰り返したいものです。

なお、帰りは道が空いており、行きの半分くらいの時間で帰宅できました。

さて、ここしばらく更新をさぼっておりましたので、以下近況を。

1.銃更新手続き

銃の更新が近づいて来ました。今回は、AP、BB、HR全てが対象です。(APは更新ではなく所持し直しですが)APについては推薦申請をして既に推薦書をいただきました。また、BBについてはライフル射撃競技者適格証明書を出していただきました。手間がかかります。また、クリニックに行って診断書も出していただきました。証明写真も撮影しました。各種申請書もほぼ書き上げ、後は提出するばかりです。

しかしながら、本当に手間がかかります。これではおいそれと人に勧めるのを躊躇してしてしまうところです。まあ、銃を扱う以上、仕方がないことなのかもしれませんが、どうも無駄なことも多いように感じます。

2.火薬

BB用の火薬が無くなってきたのですが、そもそも猟銃用火薬類等譲受許可書が無くなっていたので、警察にて手続きをしました。これがまた面倒です。使用予定表を作成しなければならないのですが、BBは自分で弾を作成するので、火薬消費と購入、雷管使用と購入のバランスをうまくとらなければなりません。練習と試合でどのくらい消費するのかなど、かなり面倒でした。正直、どこまで真面目に作成するのかというところですが、担当の方は、ひとまず書いてあれば構わないという感じでした。

なお、ショップに行くとIMR4064や4895は品切れ。いつ入荷するかも分からないとのことで、どうしょうかと思っていると、Vargetは在庫があり、かつその燃焼速度は両火薬の中間に相当するとのことでしたので2ポンドほど購入しました。

これを使って、ひとまずいくつか弾作りをしました。今度練習で撃ってみて様子を確認してみたいと思います。

ともかく、射撃をするにはかなりのエネルギーが必要です。射撃を楽しむための労力ですが、なかなかのものです。練習も含めてこれからも頑張っていきたいものです。

|

« 全日本社会人ライフル射撃競技選手権大会(AP60M) | トップページ | 車 »

射撃」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。ほんの少しでも遠ざかってしまうと、なかなかうまく撃てないですよね。
最近私もスランプで、なかなか成績が上がりません(というか逆に下がっています!)。
技術的に問題があるのか、あるいは精神面なのか?それさえも分かりません。
とにかく好きなので撃っていて楽しいのですが、試合の時は苦痛に感じてしまう時もあります。
気長に、そして楽しんでいくのがコツでしょうか。
(手続きの関係上、「楽しむ」というのも実際には難しいのかも知れませんが)。

こちらではAPは何の手続きも許可もなく所持可能ですが、今後届け出制、あるいは免許制になる可能性に付き噂が耐えません。
我々には厳しい情勢が続きますが、「まじめ(?)なシューター」として張り切っていきましょう!

投稿: てっぺい | 2009年10月12日 (月曜日) 20時26分

長瀞来たんなら、300に顔出してくれればいいのにw

投稿: NOB | 2009年10月13日 (火曜日) 12時04分

てっぺいさん、こんにちは
最近スランプという以前の状態で苦しんでおります。なるほど、確かに練習は楽しくても試合は苦痛ということはありますね。(上手く撃てていればこの限りではありませんが・・・)なんとか楽しむ射撃を継続できればと思います。


NOBさん、こんにちは
ぼけていて、当日クラブ対抗であることを知りませんでした。随分派手に撃っているなとは思いましたが・・・。

投稿: カナリア | 2009年10月14日 (水曜日) 00時15分

アメリカで日本のような銃規制を行ったら、射撃人口がゼロになるか、その前に暴動が起きるでしょうね。
目の事ですが、光学サイトを使用出来れば一気に解決なんですけれどね。こちらの非公式のAP記録会で、フリーピストルのグリップやドットサイトを搭載した、スーパースタイヤーを目にした事があり、ビシビシ当たっていました。

投稿: シンシナティの誠 | 2009年10月15日 (木曜日) 05時52分

シンシナティの誠さん、こんにちは

多分暴動でしょうね。(^^; 正直なところ本当に面倒です。

ご指摘のように光学サイトが使用できれば、また違った世界が広がりそうですが、残念です。ライフルは許されているのですがね。不思議です。

投稿: カナリア | 2009年10月15日 (木曜日) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/46463071

この記事へのトラックバック一覧です: AP練習(+近況):

« 全日本社会人ライフル射撃競技選手権大会(AP60M) | トップページ | 車 »