« 東京都選手権大会(AP60) | トップページ | 長瀞練習 »

中国考1

ちょっと仕事で中国は青島に行って参りました。ちょうど寒波が来ていてとても寒かったです。

今回改めて中国に行って感じたことですが、やはりなんだか日本とは違います。まあ、当たり前のことなのですが、どうも不思議な感じがしました。

中国は以前にも行ったことがあり(6年前くらい)、北京と大同に行きました。そのときは、中国の貧しさのようなものをヒシヒシと感じたのですが、今回は違いました。

行った場所が違い、年数も経っているのですから印象が異なっても当たり前です。日本も変わっているのですから。

よく言われていることでもあるのですが、中国の人々のやる気や向上心、これらを日本は失いかけているのではないかという危機感。ああ、確かに日本は中国に追い抜かれていくのだなーという実感。当然、中国の方が人口も多いわけですから、総体としてのGDPだけを見て議論するのは意味がないかもしれません。されどGDP、無視できないでしょう。しかし私は、すでにそれだけの問題ではないと感じています。

ますます進行するグローバル化の流れの中で、日本は本当に生き残れるのか?。甚だ疑問がわいてきたのです。確かにこれまで築いてきた様々な資産のお陰で、日本人はそれなりの生活レベルを維持しています。が、それもいつまで保つのか。

個人レベルで外国人と競争した時にどれだけ生き残っていけるのか?。個々の日本人にどれだけの能力と気概があるのか?。私には分からなくなってきました。

グローバルスタンダードを否定するのは一つの方策かもしれませんが、果たしてそれはフェアな対応であるのか。日本が安泰ならいいのか。疑問は尽きません。

まあ、いろいろ考えても国際社会は容赦なく日本をグローバルスタンダードの中に放り込んでいくことでしょう。それでもなお、生き残っていくことができるだけの能力と気概をいかに個々の日本人が持って行くのか、極めて難しい問題だと思います。

人的資源以外、特段の資源を持たない日本は、何をすべきかをよく考えなければならないと思います。その際、政治に期待するところ大ではありますが、まずは個人の問題としてとらえることが重要だと思います。

今回は全然時間がとれず、写真の一枚もありません。まあ、美味しい食事を楽しめたのがせめてもの慰めです。これからも、いろいろな角度から海外の方々とのお付き合いは続きそうなので、折に触れて考えていきたいと思います。

|

« 東京都選手権大会(AP60) | トップページ | 長瀞練習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです、こんにちは。
中国に行って来たんですか・・・。私もいつか中国に行きたいです。北京もいいのですが、上海に行っておいしいものを食べたいです。
今の中国もかなり進んでいるみたいですね。

あと、紹介するのがちょっと遅くなりましたが、新しいブログ↓を立ち上げましたので、もしよかったらどうぞ見てください。
http://kiriko.kitaguni.tv/

投稿: NK(ナザレ記狸子) | 2009年11月29日 (日曜日) 21時56分

NK(ナザレ記狸子)さん、こんにちは

中国に行くと、やはりそこは別の国なんだなーという実感がわきます。是非、上海にでも行って美味しいものをたくさん食べてきてください。北京の紫禁城もいいかと思います。

新しいブログ拝見しました。いろいろとお料理(お菓子)ができるのですね。頑張ってください。happy01

投稿: カナリア | 2009年11月29日 (日曜日) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/46878271

この記事へのトラックバック一覧です: 中国考1:

« 東京都選手権大会(AP60) | トップページ | 長瀞練習 »