« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震3-頑張れニッポン!- »

東北地方太平洋沖地震2-我々に出来ること-

想像を絶する被害が判明して参りました。今、一般人である我々には何ができるでしょうか。

1.募金
信頼できるサイトなどを参考にして募金することが確実な一歩かと思います。
例えば以下のようなサイトがあります。他にも多数ありますので、適宜ご自分の理念にあったところを通して募金されてはいかがでしょうか。ただ、残念なことに信頼性の低い募金もあるようなので十分ご注意ください。
「平成23年東北地方太平洋沖地震」に関する募金の情報
ヤフー募金
ドコモ募金サイト
【ニコニコ募金】東北地方太平洋沖地震
ファミリーマート
シティバンク銀行
Think the Earthプロジェクト

2.節電
電力が不足するようです。広域大停電を避けるため輪番停電を実施するとのことですが、それでもなお節電に努めることが重要かと思います。不要な電源を切り、少しでも電力消費を抑える必要があります。

3.情報管理
流言飛語が飛び交っているようです。ネットに無用な情報を流して混乱させることのないよう情報の真意をよく確認することが重要かと思います。よかれと思って流した情報が、かえって人々を混乱させることがあります。

4.無用な備蓄の抑制
災害にある程度備えることは重要です。しかし過剰な対応は事態を悪化させます。今回の地震発生後、震源地から遠い地域においてもガソリンが不足するなど、正直過剰な反応が見られます。私自身は直接は知りませんが、オイルショック時のトイレットペーパー不足などと同じ現象のように思えます。過剰な買いだめなどに走ることなく、購入は必要最小限とし、皆で譲り合う気持ちが必要かと思います。

5.心構え
今回の災害は未曾有の規模であり、この復興には大変な時間と経費がかかることは間違いありません。国家に十分な予算はなく、今後増税や国債増発による財政悪化などが予想されます。しかし、我々国民はこれを乗り越えていくしかありません。一致団結して必要な支援を継続的に行うことが重要かと思います。その際、政府を監視することも必要ですが、出来るだけ政府を支援して復興事業が順調に進められ、最終的に被災者の方々の助けになるよう取り組むことが必要であると思います。政府を批判することは簡単です。しかし、実務としてこの災害に取り組むことの困難さを理解することも必要でしょう。そのため、政治家に無駄な政争をさせないよう、民意を示す必要があると思います。
一方、変に萎縮することも問題があると思います。可能な範囲で出来るだけ普段通りの生活を送り、経済が停滞することがないよう生活していくことが重要だと思います。

以上、勝手な思いつきを書きましたが、今後も自分自身何ができるのか。どうすべきかを考えていきたいと思います。

|

« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震3-頑張れニッポン!- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
無事で何よりです。
地震があった時私、会社の作業場にいたんですよ。作業場がつぶれたら大変と思い慌てて外に出たんですよ・・・。外に出ても揺れを感じました。なので、震源地付近はいかにすごかったかがわかります。
テレビで津波を見た時は映画のワンシーンのようでした。
私が住んでいる地域は被害はあまりないものの、ゆうパックなど様々なシステムがストップしている状態です。

私も自分のできることを考えて行くつもりでいます。勿論、募金もします。

投稿: NK | 2011年3月13日 (日曜日) 22時21分

素晴らしいご意見だと思います
happy01
4に関しては同じ事を感じていて
人間の心がいかに弱いか思い知りました

スーパーやコンビニで普通に買物をしよ
うとしてビックリ…棚が空で…
みんなチョット冷静にならなくては…coldsweats01

投稿: ムーミンパパ | 2011年3月13日 (日曜日) 23時16分

NKさん、こんにちは
今回の震災は、本当に想像を超えるほど甚大であり、被災者のことを思うと心が痛みます。我々一人一人が、出来ることをしっかりやっていくしかないと自分に言い聞かせています。

ムーミンパパさん、こんにちは
どうも恐れていた方向に進んでいるようです。確かに、情報が小出しにされているような現状では、国民は不安に駆られて防備を固めてしまうのも仕方がないのかもしれません。多少嘘でもいいから、ざっくりとした復興計画を立てて、国民に提示していくことが政府には求められているのかもしれません。とはいえ、現状、救助や原発への対応など火急の問題が山積しており、仕方がないのかもしれません。

投稿: カナリア | 2011年3月14日 (月曜日) 19時26分

カナリアさんのおっしゃる通り、この難局を絶対に乗り越えるんだ、という心構えが一番重要だと思います。
とてつもない困難が控えていますが、皆で力を合わせてがんばっていきましょう。

ちなみに、TVコマーシャルは公共広告機構のCMばかり目立ちます。
各企業がCMを自粛しているようです。
これも過度の萎縮なんでしょうね?

投稿: ぱる | 2011年3月14日 (月曜日) 23時33分

ぱるさん、こんにちは

個人的には、あまり不謹慎な番組やコマーシャルもいかがなものかとは思いますが、普通の内容であれば、むしろ元気が出るよう放送された方がいいと思います。ともかく、ここは頑張り所に思えます。

投稿: カナリア | 2011年3月15日 (火曜日) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98888/51111929

この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方太平洋沖地震2-我々に出来ること-:

« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震3-頑張れニッポン!- »